大阪樟蔭女子大学公式サイト 学長だより 北尾悟

常日頃の意識が大事

20180511.jpg 今年は季節の移り変わりが早い気がします。3月末には桜の花が散り始め、4月の半ばに街路を彩ったハナミズキもすっかりと新葉を身につけた姿と変わり、皐月5月に入る前には、山に目をやると藤の花が紫のペイントをところどころにすでに施している状況。

 この春新たにキャンパスに足を踏み入れた新入生も学生生活を順調に滑り出していることと思います。また在校生も学年が一つ上がり、勉学の内容も深みが増し、卒業年次生は卒業研究と就職活動に費やす時間が多くなってきたことでしょう。一人ひとりの学生が充実した日々を送ることを願ってやみません。

 ところで学生はキャンパスという囲いの中で守られている部分がありますが、社会の一員です。社会の一員ですので他者と関わりが生じる社会生活を営まねばなりません。当然、いろいろな人とお付き合いをしなければなりません。どうしても合わない人、苦手な人と一緒に共同作業をせざるを得ない場合もあるでしょう。共同作業でなくても、付き合いづらい人とのやり取りも必要なこともあるでしょう。以前、この学長だよりにも記しましたが、そういう場合に、できたらその人の良い面、自分よりも優れている面を探し認めるように努めていくことを提案しました。「どこかにこの人の良い面がある、良い面が必ずある」と念仏のように心の中で呟いてください、と。

 ただ正直に告白しますが、私自身、苦手な人がいますし、うまくコミュニケーションが取れずに悩むことも多々あります。この学長だよりでは、こうすれば良いですよと言っておきながら、実は悩んでいます。何とか表面上は平静を装っていますが、社会生活を気持ちよく送っているわけではありません。少しでも良くしようと心がけ、心の中で「どこかにこの人の良い面がある」と念仏を唱えているという状況です。

 最近、思っていることがあります。コミュニケーション能力を高めるには他者との会話などを円滑に進めていかねばなりませんが、この他者は当たり前のことですが、活字の通り、「他の者(人)」です。自分ではありません。忘れがちではありますが、会話などをしている他者、相手は、自分とはあらゆる点で違っているということです。これまでの人生における経験、考え方、価値観、知識の内容や量など、一つとして同じものはないのです。ですから、会話をして自分の意見や考えを相手に理解してもらうことは簡単なことではありません。想像以上に相当なエネルギーを費やさねば、自分自身が描いているように相手は話に乗ってくれないし、理解もしてくれないと思います。

 では、どのようにして想像以上に相当なエネルギーを費やして、うまく相手とコミュニケーションを取ることができるのでしょうか?「想像以上に相当なエネルギー」とちょっと大げさな表現をしましたが、常に意識、心がけをしないと忘れてしまいがちになるので、こう記しました。難しく考えずに、常に意識をしておくことがまず大事で、各々のできるところから実践すればよいかと思っています。

 考え方の一例として、これまでに示してきた「どこかにこの人の良い面がある」と念仏のように唱えることもあるかなと思います。心の中で唱えることにより相手を尊重することになるので、自分本位の考えを転回し相手の立場を認識することにつながるでしょう。そして会話の際に聞き手である相手の立場から自分がどう見えるのか、相手から自分はどう思われているのだろうか、こういう言い方を相手はどう捉えるだろうか?など思いめぐらすことにより、相手と気持ちよく会話が弾み、良好な間柄が築けるのではと思います。

 また相手に自分の考えを聞いてもらい何らかのフィードバックをもらおうと思ったら、やはり会話術を磨かねばならないでしょう。私自身、会話術を身につけていませんし不得手なことではあるのですが、最近、ちょっとだけ心がけていることが一つあります。それは、本題、ポイントを外さない、ずれないで話を進めるということです。得てして人は無意識のうちに(深層には意識しているかもしれないが)本題とは関係ないことを会話の途中で持ち出してしまいます。私もよくあります。相手によく思われたい、共感してもらいたいという願望があり、会話が本題からずれていき、結果として聞き手の注意力が散漫になり、こちらの思いが遂げられないことがしばしばあります。本題を理解してもらうのに役立つ情報であれば良いのですが、実はそういうケースはほとんどないという心理学者の研究結果もあるようです。会話の目的は、相手に自分の趣旨を理解してもらい、一緒に考えてもらいたいことですから、この目的達成に対して阻害することはできるだけ排除するよう心掛けたいものです。聞き手がこちらの話題に関心を持ってもらい、一緒に考えてくれるように努めるには、無関係な情報は取り除き、ポイントをずれずに示すことが大事だと思って、少しずつ実践しているところです。

 自分自身も大事ですが、相手のことも考えてみる。常日頃の意識が大事だと思います。いろいろな多様性を持つ相手を尊重する。お互いが認め合う「美学」を持ちあわせて初めて、ダイバーシティーの世の中が現実のものになるのではないでしょうか?

北尾 悟

平成30(2018)年度 入学式式辞

20180401_1.jpg

 本日晴れて大阪樟蔭女子大学大学院ならびに大阪樟蔭女子大学に入学された新入生のみなさん、ご入学おめでとうございます。すべての教職員とともに、みなさんの入学を心から歓迎いたします。
 そして、みなさんを今日まで育て、支えてこられたご家族をはじめ関係のみなさまにも、心よりお慶びを申し上げます。
 また、後援会、同窓会をはじめご来賓のみなさまにはご多用のところをご臨席賜りまして、厚く御礼を申し上げます。

 新入生のみなさんが入学された大阪樟蔭女子大学大学院ならびに大阪樟蔭女子大学の運営母体である学校法人樟蔭学園は、1917年、大正6年に設立された樟蔭高等女学校がその歴史の始まりです。昨年、創立100周年となり、本年から次の100年に向けた歩みがスタートします。これから、みなさんと共に、新しいページを作っていきたいと思います。

 さて、昨年来、日本人の読書量が低下しているというニュースが頻繁に報道されるようになりました。約半数の日本人が1ヶ月に1冊の本も読まないと言われています。その背景として、スマートフォン(スマホ)の普及が挙げられます。スマホの利用時間が増える一方、読書量は減少しているというデータがあります。そして若い世代の人たちを中心にスマホの普及に伴い、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)が急速に広まっています。このSNSは、瞬時に短いメッセージを発信する必要があるため、短文化や省略化の文章表現が求められ、「読書量の減少」とともに「長文表現力の低下」も懸念されています。
 脳科学者である東北大学・川島隆太教授によれば、スマホの操作中では論理的な思考を司る大脳の前頭前野が眠っている状態になっている、とのことです。

20180401_2.jpg

 このような話を聞くと、「スマホを操作する時間を短くして読書をしなさい」ということ言いたいのですね、と思われるでしょう。結論としては、そういうことなのですが、では、論理的な思考をするのに、なぜ読書を勧めるのか。逆に言えば、読書をするとなぜ論理的な思考力が養われるのか、について考えてみたいと思います。

 SNSによる人とのつながりは、「今、ここ、この瞬間」が大事であり、そのときの話題で盛り上がっています。もちろん、「今を大切にする」ということを否定はしません。けれども、そこでは、過去・現在・未来といった長期的な時間軸や視点での考えは、ほとんどありません。
 論理的に物事を考える、ひいては発想力を豊かにするには、過去、つまり歴史を知ることが重要になってきます。なぜなら、人類の経験してきた多くの歴史に関する知識を得ることで、現在に対する認識が高まります。そして、その認識を通して未来への展望を開くことができます。
 過去を振り返り思い出すことで、自らの連続性を確かめ、これから生きていく活力を高める回想法という中高年世代を中心とした心理療法があります。若い世代の人たちにとっても同じことが言えると思います。過去、つまり歴史を振り返り、現在の立ち位置を確認することによって、将来の方向性が見えてくることになるのです。「今、ここ、この瞬間」に没頭していると、この瞬間の延長でしか未来を捉えることができません。過去、歴史を振り返ってみることで、紆余曲折を経て現在の自分の姿や社会の形があることを知ることができます。そうした歴史感覚があってこそ、未来への想像力は鍛えられると私は思います。

 では、過去、歴史を振り返り、知識を蓄えるにはどうすれば良いのでしょうか?もちろん、自分自身のこれまでの人生の振り返りは行って欲しいですが、付け加えて、もっと広い視野で、また色々なアプローチから過去、歴史を振り返り、論理的思考や発想力を高めていく必要があります。
 どうすれば良いのでしょうか?
 それは、「読書」です。

 文字や活字になっている書物は、当然のことながら過去のことが書かれています。文字や活字を目で追い、時には物思いにふけっても良いでしょう。いろいろと考えてみるという習慣を通して、論理的思考能力とともに、表現力も高まり、結果として、人とのコミュニケーション能力も自然と兼ね備えることができると思います。

 実は今日、みなさんに一番伝えたかったことは、「歴史を知る」ということなのです。歴史を知る手段として、一番簡単な方法が「読書」なのです。読書を通して先人たちの思い、考えを知ることで、今の自分の生き方を考える、そして将来、未来のことに思いをめぐらす。そんな時間を、ここ樟蔭の学生時代に味わってもらいたいと思います。

 アイフォーン(iPhone)で知られるアップル社を設立したスティーブ・ジョブズ氏も、こういう言葉を残しています。
「先人達が残してくれたあらゆるものに感謝しようとしてきた。そしてその流れに何かを追加しようとしてきた。そう思って私は歩いてきた。」

 「スマホの時間を短くして読書をしましょう」という話に、スマホを世の中に送り出したジョブズ氏の言葉を引用することに少し違和感を覚える人もいるかもしれません。しかしながら、彼の読書量は半端なものではなかったそうです。豊富な読書を通して、先人達が残してきた歴史を知り、世の中の価値を変えていくインパクトのあることを追い求めてきた結果として、スマホが生まれたのです。ジョブズ氏も現在までの過去のこと、つまり歴史を知る上で、読書が大事ということを否定しないでしょう。

 大阪樟蔭女子大学では昨年、建学の精神を踏まえ、グランドデザインを提示しました。「美(知性・情操・品性)を通して社会に貢献する~美 Beautiful 2030~」です。ここでいう「美」とは、単に外見上のものではなく、むしろ内面から醸し出される美しさであり、教養があり立ち居振る舞いに品がある洗練された「美」を示しています。
 歴史を知るために多くの書物に触れることで、内面の美を磨いてほしいと思います。読書を通して、自分自身の美しい種を見つけ、それを育て、花を咲かせてください。花を咲かせる時期は卒業後でも構いません。少なくとも樟蔭で過ごすこのときに、美しい種が発見できるよう、われわれ教職員もできる限りのサポートをします。

 結びに、新入生の皆さんが、読書から歴史に関する知識を蓄え、多くの友人を創り、健康で充実した学生生活を送ってくださることを願って、私の式辞といたします。
 みなさん、ご入学、まことにおめでとうございます。

20180401_3.jpg

平成30年4月1日
大阪樟蔭女子大学 学長
北尾 悟

平成29(2017)年度 学位授与式 式辞

 平成29年度の学位授与式を挙行するにあたり、大阪樟蔭女子大学の教職員を代表して学部卒業生ならびに大学院修了生のみなさんにお祝いの言葉を述べさせていただきます。学位授与、そして、卒業おめでとうございます。
 併せて、みなさんの学生生活を支えてこられたご家族をはじめ関係のみなさまには、こころよりお慶びを申し上げます。
 また、後援会、同窓会をはじめご来賓のみなさまにはご多用のところをご臨席賜りまして、厚く御礼を申し上げます。

 卒業生ならびに修了生のみなさんには、樟蔭で学んだことをベースにして、これから新たな場所で挑戦、活躍されることを願っています。ただ、今後、世の中は日本のみならず世界規模でその変化、動きがどんどん加速化されていきます。当然、みなさんの生活にも影響を与えることになるでしょう。様々な技術革新の進展が生活の様相を変える可能性があります。その一つとして、人工知能、AIが挙げられます

 ペッパー君などAIを搭載したロボットが生活の様々な分野に進出しています。家庭内においては、会話型のAIスピーカーが脚光を浴びています。また、就職の採用面接でもAI搭載のロボットが面接官を行う企業も出てきています。みなさんの中でもロボット相手に面接を受けた人がいるかもしれません。
  そして、AIロボットによって将来なくなる職業リストも発表されています。マニュアルに基づいた機械的なやりとりで事足りる単純作業は、今後、確実にロボットに置き換えられるでしょう。ファーストフードのカウンター業務などは、人ではなくロボットが担う可能性が十分考えられます。自動運転の車が開発されていることを考えると、タクシーやトラックドライバーという職業領域にAIロボットが進出してくる日が近いのかもしれません。このような話を聞くと、「AIが人の仕事を奪うのでは?」というネガティブな未来を想像してしまいます。果たしてそのような世の中となるのでしょうか?
 先ほどのファーストフードのカウンター業務を例にとって考えてみましょう。来店したお客さんのオーダーを受け取り、食べ物を提供する、そして料金を受け取るなどのことはAIロボットで対応可能です。しかし例えば、お客さんが急にオーダーの変更をしたり、急いでいるから早くしてなどの要求を出してきたり、あるいは店が混んできて多くのお客さんから同時に苦情を言われたりした場合、ロボットで対応できるのでしょうか?またあってはならないことですが、店舗が火事となった場合の誘導などをロボットに任せっきりにできるでしょうか?

 つまり、瞬時の判断や状況に応じた対応などにロボットはまだまだ柔軟に適応できないのです。もちろんこういう場面、場面の機会学習、最近ではディープラーニング、深層学習という言葉もありますが、多くの経験を積み重ねることでロボットの対応能力は向上するでしょう。しかし、人間社会においては無限ともいえる場面、場面があります。時代背景やトレンド、そして人々の考え方など心理特性は常に一定ではありません。状況が刻一刻と変わることを念頭に置いていなければ対応できません。ですから完全にAIロボットに置き換わることはありません。AIはあくまでもツールです。このツールを使う主体は人間です。

 このような世の中の動向から、これからどう考え行動していくか、各々の生き方が問われています。AIロボットに任せていくことと人間がやるべきことを明確に認識していくことが必要です。ファーストフードのカウンター業務でも分かるように、人間として、人とのコミュニケーション能力の向上が求められます。事務的な単純作業はロボットに任せて、人間として、本来その仕事でなすべきことをしっかりと考え行動することがますます重要となってくるでしょう。

 では、人とのコミュニケーション能力を高めていくにはどうしたら良いでしょうか?この能力は一朝一夕に向上するものではありません。いろいろな経験が必要です。その経験を通した能力アップのポイントは、「相手の良い面を認める」ことだと私は思います。たとえどんなにコミュニケーションが取りづらい人でも、どこかに良い面が必ずあります。100%全てを良く見ようとしなくても構いません。しかし、自分より必ず良い面、優れている面が、何かしらどんな人でもあるはずです。それを見つけて理解して、付き合っていくうちにコミュニケーションが徐々に取れてくるのです。お互い認め合い、リスペクトすることがコミュニケーション能力向上の秘訣だと思います。

 平昌オリンピックでは日本選手の活躍に日本中が湧きましたね。現在もパラリンピックで健闘をしています。多くのメダリストが誕生しましたが、特にチーム種目であるスピードスケート女子のチームパシュートやカーリング女子の頑張りには目を見張るものがありました。チームワークが求められるこれらの競技では、チーム内の信頼関係がなければなりません。お互い、できること、やるべきことを確認し、練習を重ねていく。そこにはお互いリスペクトしあいながらコミュニケーションを高めていったのでしょう。このことはチーム種目のみならず個人種目においても同じです。選手以外に、競技面またはメンタル面でのコーチ、トレーナー、あるいは食事栄養面をサポートする管理栄養士など多くの人たちから成るチームとしてのコミュニケーションを高めていき、オリンピックという晴れの舞台に立つことができたのです。
 オリンピックを例にとりましたが、相手を認めリスペクトし、コミュニケーション能力を高めることは、ある目標、目的に向かって社会生活を送る上で重要であることを示していると思います。それは、どんな目標、目的、どんな場面でも同じです。

 今年度、樟蔭学園は創立100周年を迎えました。大学では、2030年に向けてグランドデザインを提示し、「美(知性・情操・品性)を通して社会に貢献する~美 Beautiful 2030~」をスローガンに掲げました。ここで言う「美」「美しい」とは外見のみならず、むしろ内面の美しさを意図しています。その内面の美しさをもって社会で活躍する人を育てることを通して、大阪樟蔭女子大学は世の中に貢献しようとしています。コミュニケーション能力は真の内面の美しさがなければ培うことができません。今後、世の中はAIロボットをはじめ、情報分野を中心に技術がどんどん進歩していきます。あらゆるものがインターネットにつながる時代、モノを購入、所有するのではなく、コト(利用体験)に重きを置く価値観が広がりつつあります。今後、ますますコミュニケーション能力が問われ、個人同士が信頼しあう必要性が増してきます。

 このような未来社会の予測を考慮に入れ、本学は伝統のなかに社会に認められる大学となるよう、グランドデザインを提示しました。知性美・情操美・品性美を兼ね備えた卒業生が様々な場面で光輝き、自分の希望の花を咲かせてくれるよう、教職員一丸となって学生や院生を教育指導していきます。今後、卒業生のみなさんが「学んでいい大学だった」と振り返ってもらえるよう、新たな礎を築いていきます。みなさんには温かく、そして時には厳しく大阪樟蔭女子大学のサポーターになり続けてください。

 結びに、「相手の良い面を認め、コミュニケーション能力を高める意識を持ち続ける」、このことをみなさんへの「はなむけ」の言葉とし、「美 Beautiful」な人生を歩まれることを心より祈念し、私の式辞といたします。
 みなさん、改めて学位授与、そして卒業、おめでとうございます。

平成29(2017)年度 学位授与式

平成30年3月14日
大阪樟蔭女子大学 学長
北尾 悟

一見、関係なさそうなところから

 遅ればせながら、樟蔭学園の創立記念式典が10月28日、無事終了しましたことを報告いたします。多くの方のご列席を賜り、暖かいお言葉と励ましをいただき感謝した次第です。前回のこのたよりでも紹介しましたが、今後、皆さまのご期待に副うべく大阪樟蔭女子大学として将来あるべき姿を想定し提示したグランドデザイン「美(知性・情操・品性)を通して社会に貢献する~美 Beautiful 2030~」を具体化するよう努めていきます。

 私は大学を卒業して醸造食品会社の研究所に勤めました。醸造とは微生物の力を利用することですので、この力を活用した食品開発、特に新しい機能を付与した製品開発に関する基盤研究に日々取り組んでいました。研究を進めるためには、微生物に関する知識を身につけねばなりません。これまで構築されてきた「微生物学」の基礎や応用に関する書物や論文を読むことは当然のことながら、学会やセミナーに参加し自分が知らない知識、あるいは自分がまだ身につけていない技能を貪欲に高めようと必死でした。

  ある日、微生物に関する論文がまとめて掲載されている雑誌(ジャーナル)を見ていたところ、鞭毛運動の論文を見つけました。食品開発には直接関係ないのですが、妙に面白くて読みふけったことを今でも覚えています。大腸菌などの微生物ではらせん形の鞭毛を回転させながら移動していきます。その際、鞭毛の細胞膜を介したイオンの電気化学的勾配をエネルギーとして利用しているとのことでした。読んでいるうちに、この仕組みを利用したら「微生物モーター」が開発できる、あるいは、電気化学的勾配という言葉から「微生物発電」の可能性があるのでは?とこのとき思いました。微生物利用の可能性の広がりを感じましたが、なんせ食品企業に勤めていたので、そのときはそう感じたままで過ぎてしまいました。

 先日、ネットを見ていたら「微生物発電」という言葉を見つけました。いろいろ調べていくと、なんと「微生物発電キット」がネット販売していることも知りました。現在、この分野の日本における研究の第一線で活躍されている一人が、東京薬科大学の渡辺一哉教授だそうで、微生物が土中の有機物を分解する際に放出する電子を電極で集めて発電する実験を水田で実施しているとのこと。もちろん、実用化に向けては大規模化やコスト面の課題を克服していかねばなりませんが、着実に技術開発は進んでいるようです。

 以前ならあまり関係なさそうなあるいは実現が不可能に思える組み合わせでも、科学技術の進歩や環境の変化に伴い、関係性が生まれ実現化することが今後、どんどん増えてくることが予想されます。金融(ファイナンス)と技術(テクノロジー)を組み合わせた造語であるフィンテックという言葉をご存知の方も多いでしょう。IT技術などの進展により、これまで関係性が薄かった金融と技術の組み合わせから、お金との新たな付き合い方も含めて私たちの生活が今後影響を受けることになるでしょう。

 このように、新しい産業や文化が生まれてくる背景には、異質なものの組み合わせが隠されていることが多いようです。新しい産業や文化が生まれるということは、新しい仕事、新しい生活のあり様や生き方にもつながってきます。これからの世の中、「将来の変化を予測することが困難な時代」になるとの見解がありますが、その時代を生き抜くためには、一見関係なさそうなものの組み合わせを考える柔軟な思考回路、それを理解する意欲と能力、そして、それを自分のものとして上手に活用する姿勢が大事なように思います。

 得てして、人は安心感からか、これまで通りの考えや行動に陥りがちです。このことが悪いというつもりはありませんが、今後、特に将来にわたり長く人生を歩んでいく若い人たちには、一見関係が無いような組み合わせを考えてみることを一つの例として、柔軟な考えで世の中を見てほしいと思います。

 今年もあとわずか。皆さんにとって来年、「ワン」ダフルな一年になることを祈っております。良い新年をお迎えください。

北尾 悟

目標や目的を達成するには

 朝晩、めっきり涼しくなってきました。まさに季節は秋。このたよりを書いている今、窓の外を見ると雨が降り続いています。一雨ごとに冬が近づいているのでしょうか?

 前回のこの学長だよりでも記したように、現代の世の中は様々な情報があふれています。情報の洪水に溺れないようにするには、考えに考えて、時には悩み苦しむこともあるけれども、考え抜いて判断し行動していく、つまりまずは考える姿勢が大事だと伝えました。考えることはひとりひとりのみならず、グループ、団体、もっと広く捉えれば、会社(企業)や国家にも必要とされることです。個人であれば、ある程度、各々の時間ペースで考え行動していくことができるでしょうが、団体(たとえ、小さなクラブやサークルでも)や企業であれば、悠長にことを構えていられず、今のご時世、様々な情報を基本にいかに皆が早く行動をしていくかが重要となります。

 仲良しクラブならいざ知らず、団体やグループで行動するには、共通の目標・目的があるはずです。企業や国家も同様、大学にもあります。組織としてそれぞれ世の中に存在するわけですから、そこに流れている情報を知り目標や目的を達成できるよう行動する必要があります。その情報というのは、環境の変化と置き換えることができるでしょう。この環境の変化をひとりひとりが意識して行動していく、この行動の積み重ねがその組織の文化を作り上げていくことにつながると思います。そのためには、メンバーひとりひとりが環境の変化をキャッチし、それに対して考え判断し、行動する力が求められます。

 ただ、ここで気をつけねばならないことは、情報の真偽、そして真実なら組織としてその情報の必要性の有無の判断です。正しい判断をするためには、常日頃から目標や目的を意識しておかねばなりません。その目標や目的をいつ達成するのかは、ケースバイケースです。短期間であれば皆、共有できることは比較的簡単ですが、長期間に渡るものでは、将来のあるべき姿、そしてそこに行きつくまでの図案や設計図が必要となります。前者はビジョンとも言えるでしょう。未来像、未来図と言ってもよいでしょう。後者はグランドデザイン、全体構想と言い換えてもよいでしょう。このビジョンやグランドデザインを組織に属する皆が共有、理解していれば、正しい判断を下し行動していくことができます。そういう組織が強いのです。

 今回は、少々堅苦しい話となりましたが、ご容赦ください。樟蔭学園は今年、創立100周年を迎えました。この10月28日に記念式典を行います。大阪樟蔭女子大学としても将来あるべき姿を想定して、グランドデザインを提示しました。「美(知性・情操・品性)を通して社会に貢献する~美 Beautiful 2030~」(http://www.osaka-shoin.ac.jp/univ/beautiful)です。これまでの学園の歴史をしっかりと認識し理解した上で、大学の進むべき道を定めていきます。世の中の情報、環境の変化を踏まえつつ、変えてはいけないものと変えるべきところの判断をするために、より具体的なデザインをこれから作り上げていきたいと思います。これからも皆様のご支援とご理解を得られるよう努めていきます。

北尾 悟

1  2  3  4

カレンダー

検索