2014年度第4回English Salonを開催しました。

2015年02月20日(金)

英語教育センター(ELTC)では、学園関係者に外国の歴史・文化を英語で紹介するイベントを年4回行います。


2月14日(土)、English Salonを開催しました。

今回は、本学日本語・日本文化研究留学生Ivelina(イヴェリナさん)が「ブルガリアについて」というテーマで、彼女の母国ブルガリアについて話してくれました。

サロンには学生、教職員、卒業生の計15名が参加してくださいました。

第4回English Salonの様子
ブルガリアについて

今回のEnglish Salonは、バルカン半島に位置し、ギリシャ、トルコ、ルーマニア、セルビアとマケドニア共和国に囲まれている国、ブルガリアのお話でした。

ブルガリアといえば、ヨーグルトや相撲の琴欧洲を思い浮かべる人もいると思いますが、今回のテーマはそれではなく、伝統や食文化についてでした。

ブルガリアのいろいろな情報を参加者にわかりやすく知らせるため、写真やビデオを見せてくださり、とても興味深いお話でした。

 

参加者はプレゼンテーションの後、イヴェリナさんが作ってくれたブルガリアのお菓子、「ティクヴェニック」(tikvenik)を食べながら、フリー・トークを楽しむことができました。

 

 

 

次回は5月に第1回English Salonを開催します。詳細は決まり次第ELTC Newsにてご案内します。

フリー・トーク
閉じる