AFS (American Field Service) 留学生の歓迎会を行いました!

2016年4月18日(月)

樟蔭高校では、1970年代から毎年留学生を受け入れ、国際交流が盛んに行われています。
今年度はドイツからの留学生、Elif(エリフ)を迎えました。
英語教育センター(ELTC)では、同年代の留学生と楽しく交流できる場を提供しています。

 

4月14日(木)の放課後、Elif(エリフ)の歓迎会を行いました。

高校生23名と外国人講師2名(ノルウエー、スロベニア)が参加しました。

最初に、エリフからのプレゼンテーションがありました。ドイツや自分の家族についてのとても面白い話でした。

エリフからのプレゼンテーション

プレゼンテーションの後に、漢字リレーゲームとジェスチャーゲームをして、大いに盛り上がりました。

漢字リレーゲームとジェスチャーゲーム漢字リレーゲームとジェスチャーゲーム

ゲームの後に、フリー・トークの時間でお菓子を食べながらエリフと英会話を楽しみました。

最後はみんなで写真を取り合って、歓迎会は終了しました。

エリフを囲んで記念写真

エリフは元気で明るい性格で、趣味は読書、スポーツとバイオリンを弾くことです。そして彼女は人と会って話すことが大好きだそうです。日本ではたくさんの友達を作り、楽しい思い出を作りたいそうです。

在校生の皆さん、ELTCや高校の校舎で彼女を見かけたら、気楽に声をかけて友達になってあげてください。 毎週木曜日放課後ELTCでエリフコーナーを開きます。エリフと話したい人はぜひエリフコーナーに来てください!


エリフの留学生活は随時ELTC Newsでお知らせします。

閉じる