フレズノ州立大学の留学生との交流会を行いました。

2016年6月21日(火)

英語教育センター(ELTC)では、同年代の留学生との交流の場を提供しています。


チーム対抗バルーンゲーム6月4日(土)フレズノ州立大学からの留学生との交流会を国際交流室と共催で実施しました。参加したのはアメリカ、メキシコ、マレーシア、フィリピン、タイ国籍の留学生15名と日本人学生15名の計30名が参加しました。

今回の交流会は、本学英語同好会Lee & Leeのメンバーによる司会・進行で行われ、ホスト役の学生の英語挨拶で始まりました。

まず、留学生と日本人学生が混ざったグループを作り、名前覚えゲーム(メンバーの名前を一つずつ加え、前の人の名前をすべて正しい順番で繰り返して言うゲーム)が行われました。

その後、ランチを食べながらフリートークをしました。
フリートークでは、英語、日本語交じりで話が盛り上がり、お互いすぐに打ち解けることができました。

フリートークの後は、ジェスチャーゲーム!
なかなか上手く伝わらないこともありましたが、みんな楽しんでいました。

チーム対抗バルーンゲーム最後のゲームはチーム対抗バルーンゲーム!
日本の国旗とアメリカの国旗をイメージして作られた風船を割ると、クイズが書かれた紙が出てきて、それに答えてポイントを獲得していくゲームです。
クイズの内容は日本とアメリカの伝統・歴史などお互いの文化について学べるものでした。

中には難しいものもありましたが、チームで相談しながら両チームともポイントを獲得し合いました。

集合写真 最後はみんなで写真を撮り合ったり連絡先を交換したりして、交流会は終了しました。

交流会に参加した学生は、ネイティブスピーカーの英語ではなく、外国語として英語を話す同年代の留学生の姿に刺激を受けたようです。

ELTCでは、本年も「国際語としての英語」に磨きをかける機会を本学園の学生・生徒に数多く提供して参ります。

閉じる