香港のセイント・マーガレット中学校から、中学生が来ました。

2016年6月29日(水)

香港から中学生が樟蔭学園にやって来ました

6月28日、香港から中学生が樟蔭学園にやって来ました。樟蔭高校卒業生と同じ大学の学生たちが、日本紹介のプレゼンをしてくれました。

色紙を細かくちぎって内輪に貼り付けアジサイを描きます。
香港の中学生はちぎり絵に時間を忘れて取り組んでくれました。

チーム対抗バルーンゲーム

その後は、体育館に移動してバトン部の演技を見学しました。
全国トップレベルのバトンの演技をはじめて見て香港の中学生はみんな感動していました。
そして、グループに分かれてバトンの個人指導です。バトン部の中学生に教わりながらみんな熱心に練習をしていました。一番頑張ったのは香港の先生だったかもしれません。

集合写真

バトン部の中学生も片言の英語で一生懸命説明していました。
もっと英語を話せるようになりたい、ポロナ先生の英会話の授業をもっと頑張ばらなくっちゃいけないと思ったことでしょう。

閉じる