2017年度第1回English Salon を開催しました。

2017年4月25日(火)

英語教育センター(ELTC)では、学園関係者に外国の歴史・文化を英語で紹介するイベントを年4回行っています。


4月22日(土)、2017年度第1回English Salonを開催しました。今回はスロベニア人ゲストスピーカーのMojca(モイツァさん)が「ウィーンについて」というテーマで、彼女がよく旅行などで訪れる町、ウィーンについて話してくれました。サロンには学生、教職員、卒業生の計20名が参加しました。

今回のEnglish Salonは、オーストリアの首都、ウィーンのお話でした。ウィーンは長い歴史を持つ、ヨーロッパ有数の世界都市です。クラシック音楽が盛んで過去に多くの作曲家が活躍したことから「音楽の都」とも呼ばれています。宮殿、教会、博物館、美術館や公園も多くて、観光客にとても人気があります。代表的な食べ物は「ヴィーナー・シュニッツェル」(豚カツに似た肉料理)や「ザッハトルテ」(チョコレートケーキ)です。

ウィーンの情報を参加者に分かりやすく知らせるため、写真やビデオを見せて説明してくださいました。ウィーンのことがよく分かる興味深いお話でした。

 
スロベニア人ゲストスピーカーのMojca(モイツァさん) ウィーンについて話してくれました

参加者はプレゼンテーションの後、モイツァさんが持ってきてくれたウィーンとスロベニアのお菓子を食べながら、フリー・トークを楽しむことができました。

ウィーンとスロベニアのお菓子 お菓子を食べながら、フリー・トーク

次回は7月に2017年度第2回English Salonを開催します。詳細は決まり次第にELTC News にてご案内します。

閉じる