11月26日(日)100周年記念 樟蔭杯2017 英語プレゼン大会(中・高校生の部)を開催しました。

2017年12月2日(土)

樟蔭学園の100周年を記念して、英語教育センター、樟蔭中学校、樟蔭高等学校、大阪樟蔭女子大学国際英語学科主催で、11月26日(日)に英語プレゼン大会(中学生の部・高校生の部)を開催しました。

英語プレゼン大会(中学生の部)

日 時 :平成29年11月26日(日)午前9時30分~12時30分

場 所 :大阪樟蔭女子大学 清志館3階 G301

対 象 :大阪府・奈良県近郊の中学校女子生徒(各校2名まで)

内 容 :英語によるプレゼンテーション(2分以上3分以内)

テーマ :自由とする

発表方法:パワーポイントによる英語でのプレゼンテーション

ELTC News
pdf案内ポスターはこちら

11月26日の午前に開催された中学生の部では、公立や私立中学校の1~3年生の13名が応募しましたが、体調不良による辞退があり、11名の参加になりました。テーマは自由で、パワーポイントを使っての英語のプレゼンテーションでした。発表者たちは、緊張した雰囲気の中でも滑らかな英語で上手に発表をしていました。内容は、「自分の夢」や「私の好きな場所」についてなど、様々でした。

審査は英語教育センターネイティブ教員、大阪樟蔭女子大学日本人教員・ネイティブ教員、樟蔭中高英語科日本人教員の計4名が英語力とプレゼン力、各20点、内容10点で採点しました。

プレゼンの様子

1位の理事長賞は、大阪市立咲くやこの花中学校3年生 塩見 春菜さん、2位の最優秀賞は、東大阪市立布施中学校2年生 岡崎 来春さん、3位の優秀賞は、大阪市立鶴見橋中学校3年生 松岡 希乃さん、4位のThe Japan Times賞は、大阪市立東生野中学校3年生 佐野 彩花さん、5位のウェブリオ賞は、大阪市立本庄中学校3年生 戸田 優花さん、学校賞は、大阪市立本庄中学校に輝きました。

集合写真

英語プレゼン大会(高校生の部)

日 時 :平成29年11月26日(日)午後2時~5時

場 所 :大阪樟蔭女子大学 清志館3階 G301

対 象 :大阪府・奈良県近郊の高等学校女子生徒1・2年生(各校3名まで)

内 容 :英語によるプレゼンテーション(4分以上5分以内)

テーマ :自由とする

発表方法:パワーポイントによる英語でのプレゼンテーション

ELTC News
pdf案内ポスターはこちら

午後に開催された高校生の部は、公立や私立高校の1・2年生18名が参加しました。テーマは自由でパワーポイントを使っての英語のプレゼンテーションでした。内容は、「日本と外国の刑務所の違い」や「人間は忘れる生き物である」など難しいものも多くありました。発表時間は5分と長かったにもかかわらず、発表者たちは自分の思いを一生懸命伝えていました。審査は、大阪樟蔭女子大学国際英語学科の日本人教員・ネイティブ教員の計4名が英語力とプレゼン力、各20点、内容10点で採点しました。

プレゼンの様子

1位の理事長賞は、大阪市立咲くやこの花高校2年生 茂岡 琴美さん、2位の最優秀賞は、大阪市立咲くやこの花高校2年生 石束 れいさん、3位の優秀賞は、プール学院高等学校2年生 徳川 真椰さん、4位のTOEIC®賞は、プール学院高等学校2年生 中西 里奈さん、5位のThe Japan Times賞は、大阪市立南高等学校1年生 中村 真悠子さん、6位のウェブリオ賞は、樟蔭高等学校2年生 三井 海琴さん、学校賞は、大阪市立南高等学校に輝きました。

集合写真

賞を取った生徒には、賞状と一緒にトロフィーや図書券、1ヶ月無料購読券、教材など副賞が贈られました。

審査員長から、「非常にレベルが高く、順位をつけるのが難しかった。」「英語が国際言語になるので、これからも頑張って勉強をしてほしい。」という講評があり、また、実行委員長を務めた英語教育センター長からは「地域のために貢献できるような取り組みを今後も続けていきたい。」とコメントがありました。

また、大阪日日新聞11月30日朝刊に大きく取り上げられました。

閉じる