11月18日(日)第2回 樟蔭杯 英語プレゼン大会(中学生の部・高校生の部)を開催しました。

2018年11月19日(月)

この度、英語教育センター、樟蔭高等学校、大阪樟蔭女子大学国際英語学科主催で、11月18日(日)に第2回樟蔭杯英語プレゼン大会(中学生の部・高校生の部)を開催いたしました。

英語プレゼン大会(中学生の部)

日 時 :平成30年11月18日(日)9時30分~12時20分

場 所 :大阪樟蔭女子大学 清志館3階 G306

対 象 :大阪府・奈良県近郊の中学校女子生徒(各校2名まで)

内 容 :英語によるプレゼンテーション(2分以上3分以内)

テーマ :自由とする

発表方法:パワーポイントによる英語でのプレゼンテーション

ELTC News
pdf案内ポスターはこちら

11月18日の午前に開催された中学生の部では、公立や私立中学校の1~3年生の17名が参加しました。テーマは自由で、パワーポイントを使っての英語のプレゼンテーションでした。発表者たちは、緊張した雰囲気の中でも滑らかな英語で上手に発表をしていました。内容は、「自分の夢」や「自分のクラブ」についてなど、様々でした。

審査は、大阪樟蔭女子大学日本人教員・ネイティブ教員の計4名が英語力とプレゼン力、各20点、内容10点で採点しました。

プレゼンの様子

1位の理事長賞は、大阪市立咲くやこの花中学校3年生 岡本 莉典さん、2位の最優秀賞は、大阪市立咲くやこの花中学校3年生 坂本 悠愛さん、3位の優秀賞は、箕面市立第四中学校2年生 清岡 知可さんが受賞しました。

また、英検賞は、私立樟蔭中学校1年生 宮崎 李さん、The Japan Times賞は大阪市立歌島中学校2年生 神井 七海さん、ウェブリオ賞は東大阪市立縄手南中学校2年生 深井 有澄さん、特別賞は、大阪市立勝山中学校1年生 藤本 智美さん、学校賞は、大阪市立咲くやこの花中学校に輝きました。

集合写真

英語プレゼン大会(高校生の部)

日 時 :平成30年11月18日(日)14時~17時

場 所 :大阪樟蔭女子大学 清志館3階 G306

対 象 :大阪府・奈良県近郊の高等学校女子生徒1・2年生(各校3名まで)

内 容 :英語によるプレゼンテーション(4分以上5分以内)

テーマ :自由とする

発表方法:パワーポイントによる英語でのプレゼンテーション

ELTC News
pdf案内ポスターはこちら

午後に開催された高校生の部は、公立や私立高校の1・2年生15名が参加しました。テーマは自由でパワーポイントを使っての英語のプレゼンテーションでした。内容は、「近未来の貨幣」や「動物との共存」や「若者の自殺にどう取り組むか」など難解なテーマもありました。発表時間は5分と長かったにもかかわらず、発表者たちは自分の思いを一生懸命伝えていました。審査は、大阪樟蔭女子大学国際英語学科の日本人教員・ネイティブ教員の計4名が英語力とプレゼン力、各20点、内容10点で採点しました。

プレゼンの様子

1位の理事長賞は、大阪府立北野高等学校2年生 横地 陽笑さん、2位の最優秀賞は、大阪市立咲くやこの花高等学校1年生 西野 桃加さん、3位の優秀賞は、大和高田市立高田商業高等学校2年生 神山 光さんが受賞しました。

また、TOEIC®賞は、私立プール学院高等学校2年生 扇谷 絵里子さん、英検賞は、大阪府立豊中高等学校1年生 安永 真子さん、The Japan Times賞は、私立大阪信愛学院高等学校1年生 松井 志磨さん、ウェブリオ賞は、私立プール学院高等学校2年生 上原 萌子さん、特別賞は、大阪市立南高等学校1年生 木村 彩里さん、学校賞は、私立大阪信愛学院高等学校に輝きました。

集合写真

賞を取った生徒には、賞状と一緒にトロフィーや図書券、教材、英会話無料特典など副賞が贈られました。

審査員長から、「覚えた英語をそのまま伝えるのではなく、自分の言葉を使って、発信できるプレゼン力が要求されるので、日々努力して、次のステップを目指してほしい。」と講評があり、また実行委員長を務めた英語教育センター長からは、「地域のために貢献できるような取り組みを今後も続けていきたい。」とコメントがありました。

閉じる