morebtn_bgfblinetwscope-invertscopepagetop_arrowblog-latestmorebtnvtickpagenextpageprevpagetophsjhshomecresthshomejhskindamasteruniv

学校案内

気象警報発令時の処置

各種警報発令時の処置について

次の場合は、休校とする。

1.午前6時30分現在、大阪府下または奈良県北部に、特別警報、暴風警報、大雪警報のいずれかが発令されている場合は休校とする。

2.上記の警報以外の場合は、通常通り授業を行う。ただし、交通機関のストップや、家屋の浸水・川の氾濫等のやむを得ない事情で欠席した場合は、特別扱いにすることもある。この場合、欠席・遅刻についても、生徒手帳にその旨を記入・捺印の上、保護者から担任への届けが必要である。

3.午前6時30分以降に上記の警報・運休が解除された場合も、原則、休校とする。

4.午前6時30分以降の登校時間帯に警報や運休が発生した場合は、その時点で休校とし、最寄りの安全な場所に一時避難し、自宅か学校の近い方へ行き、安全な場所で待機する。

5.登校後に警報が出た場合は、その都度指示する。

※ 休校に至らない場合でも、交通事情や災害状況のやむをえない事情で保護者の判断で欠席·遅刻した場合は、特別扱いをすることがある。この場合も生徒手帳の「連絡欄」にその旨を記入・押印し、保護者から担任へ届ける必要がある。


備考

・気象情報は気象庁ホームページ・テレビ・ラジオ等で確認すること。
・上記以外の場合は、その都度生徒に連絡する。
・学校に問い合わせをしても応じない。
・休校になった場合、自宅で十分学習すること。