学生生活

日本学生支援機構奨学金

独立行政法人日本学生支援機構が実施する奨学金で、成績・人物ともに優れ、経済的理由により修学が困難と認められる学生に対して、日本学生支援機構が定める枠内で奨学金を貸与しています。

本学においても多くの学生がこの奨学金を利用しています。

名称貸与額貸与始期申込資格

第一種奨学金
(無利子)

自宅:30,000円・54,000円から選択
自宅外:30,000円・64,000円から選択

4月
  • 優れた学生であって経済的理由により就学が困難な学生
  • 高校の成績(評定平均値)が3.5以上の学生(1回生の場合)

第二種奨学金
(有利子※)

3万円、5万円、8万円、10万円、12万円の中から希望する額を選択 4月~9月の希望する月
  • 学習意欲があり、学業を確実に修了できる見込みがあると認められた学生
  • 高校での成績が平均水準以上と認められた学生(1回生の場合)

入学時特別
増額貸与奨学金

10万円、20万円、30万円、40万円、50万円
の中から希望する額を選択
(1回生・編入生のみ申込可)

奨学金の初回振込時
  • 第一種奨学金又は第二種奨学金の申込者に限ります。入学時特別増額貸与奨学金のみの申込みはできません。
  • 奨学金申請時の家計基準における認定所得金額が0(ゼロ)評価、もしくは「国の教育ローン」の貸付を受ける事ができなかった場合(提出書類要)に申込みができます。

(平成29年度)

■申込後、採用者の初回振込予定は第一種奨学金は6月中旬、第二種奨学金は貸与始期により初回振込月は異なります。(6月~9月)
※在学中は無利息です。

奨学金申し込み手続きの流れ

図:奨学金申し込み手続きの流れ
  • 奨学金説明会参加 申込書類受付(4月中旬)
  • 提出書類準備 スカラネット入力用紙記入
  • 申込書類提出(4月下旬) キャンパスライフサポートで内容確認
  • キャンパスライフサポートから、ユーザーIDとパスワードを受け取る。
  • パソコンによる入力作業・受付番号の受取(スカラネット入力用紙への番号の記入)
  • 受付番号記入済みスカラネット入力用紙提出(5月上旬)
  • 採用通知(6月中旬)
  • 奨学金振込・奨学生証・しおり・返金誓約書受取(キャンパスライフサポート)
  • 返金誓約書・添付書類の提出
  • 正式採用

スカラネットとは・・・インターネットによる奨学金申込みのことです。操作方法等詳しくは、説明会の際にお伝えいたします。

高校・短大で奨学金を受けていた人へ

在学中の返還猶予について
(「在学届」提出について)

高校・短期大学在学時に日本学生支援機構奨学生であった方は「在学届」を提出することにより、大学在学中は奨学金の返還が猶予されます。返還猶予を希望する方は、日本学生支援機構「返還の手引き」綴じ込みの所定用紙に必要事項を記入し、4月上旬の所定期間に学生支援課(キャンパスライフサポート)へ提出してください。

高校で予約採用候補者となった人へ

予約採用候補者について

(予約採用候補者とは、高校在学時に大学での奨学金採用候補者として決定している方のことです。)

日本学生支援機構奨学金の予約採用候補者として決定通知を受けている方は、大学の定める期間に「採用候補者決定通知(進学先提出用)」を学生支援課(キャンパスライフサポート)へ提出してください。
内容確認後、日本学生支援機構のHP上から各自でパソコン入力にて進学届の提出をしていただきます。入力後、5月中旬~6月中旬頃にかけて「奨学生証」と「奨学生のしおり」、「返還誓約書」をお渡しします。その後、大学指定の期日までに「返還誓約書」と「添付書類」を提出し、正式に大学での奨学生として採用されます。

インターネットでの進学届提出期間:

4月中旬~5月上旬 → 5月中旬初回振込予定
5月中旬~6月上旬 → 6月中旬初回振込予定

予約採用候補者の手続きの流れ

図:予約採用候補者の手続きの流れ
  • 予約採用候補者として決定
  • 入学
  • 「採用候補者決定通知(進学先提出用)」をキャンパスライフサポートに提出(4月中旬)
  • キャンパスライフサポートから、ユーザーIDとパスワードを受け取る
  • パソコンで「進学届」の提出
  • 奨学金振込・奨学生証・しおり・返還誓約書受取(キャンパスライフサポート)
  • 返還誓約書・添付書類の提出
  • 正式採用