morebtn_bgfblinetwscope-invertscopepagetop_arrowblog-latestmorebtnvtickpagenextpageprevpagetophsjhshomecresthshomejhskindamasteruniv
グローバル教育

2019 JHS KOBE CAMP REVIEW

👇You can listen to Craig-sensei’s reading by clicking the start button below.

From May 28th to May 30th , twenty students from Shoin Junior High School’s second grade Global Studies course traveled to Kobe for a 3-day English study camp.

The camp’s theme this year was ‘Travel and Tourism’ and each of the lessons carried out by the camp NETs, as well as the fieldwork and students’ final presentations, centered on this theme.

Over the course of the 3 days, the students took lessons on a wide range of theme-related topics.

These topics included:
1)   Airport arrival and departures
2)   Navigating customs and immigration
3)   Pronunciation skills
4)   Vacationing abroad
5)   Shopping for souvenirs
6)Ordering in restaurants
7)   Maori culture &  Tī rākau(stick game)
8)   Fieldwork follow up
9)   Presentation skills

Aside from the in-class activities, the students were separated into small work groups and accompanied by a teacher on an afternoon of fieldwork in the Kobe Port / Meriken Park area on the first day of the camp.

In order to carry out their fieldwork tasks, the students navigated a pre-set route, visiting various tourist attractions and points of interest in order to find and record useful and interesting information for their group presentations to be done the following day.

One of the final acts of the in-class camp activities was for each group to present their fieldwork findings, along with the photographs they took, through a PowerPoint presentation. The topic of this presentation centered on spots around Kobe that they would recommend tourists to visit and enjoy while vacationing there.

The final day of the camp was spent visiting the Rokko International Musical Box museum high up on Mt. Rokko, followed by a leisurely lunch eaten while taking in the magnificent views of Kobe and Osaka from the restaurant at Rokko View Palace.

Craig Boobyer

 

2019 HS神戸イングリッシュキャンプレビュー(日本語版)

5月28日~5月31日、樟蔭中学校国際教養コース2年生20名は3日間の英語学習キャンプのため神戸を訪れました。今年のキャンプのテーマは「旅行と観光」で、キャンプで行われた各レッスンはこのテーマを中心としてNETが指導しました。そしてフィールドワークや生徒による最終プレゼンテーション発表。3日間のコースで、生徒は本年度のテーマに関する幅広いトピックのレッスンを受けました。トピックは次のとおりです。

1)   空港への到着と出発
2)  税関と入国管理のナビゲート
3)  発音スキル
4)  海外での休暇の過ごし方
5)  お土産の買い物
6)  レストランでの注文
7)  マオリ文化とティラカウ(スティックゲーム)
8)  フィールドワークのフォローアップ
9)  英語プレゼンテーション技術

教室内の活動とは別に、キャンプの初日の午後には、生徒たちは5人グループになり、それぞれ教員の付き添いのもと、神戸港・メリケンパーク周辺でのフィールドワークを実施しました。フィールドワークの課題ををこなすために、生徒たちは事前に設定されたルートでさまざまな場所を探索しました。翌日のプレゼンテーション発表に使えそうな興味深い情報を見つけて記録するために、いわゆる観光名所と自分たちの興味のある場所を回りました。教室内で行うの最後の活動の1つは、各グループが自分たちのフィールドワークについて発表することでした。パワーポイントのプレゼンテーションを通して、彼らが撮った写真を見せながら、神戸周辺の観光スポットを中心に、休暇でやってきた観光客にお勧めする最適な場所はどこなのかを、熱心に発表しました。
キャンプの最終日は、六甲国際オルゴール博物館を訪問して過ごしました。その後、六甲ビューパレスのレストランからの神戸と大阪の壮大な景色を眺めながら、ゆっくりとした昼食をとりました。