morebtn_bgfblinetwscope-invertscopepagetop_arrowblog-latestmorebtnvtickpagenextpageprevpagetophsjhshomecresthshomejhskindamasteruniv
グローバル教育

令和元年(2019)度

第2回くすのき杯英語弁論・暗唱大会実施要項

⦅1⦆開催趣旨
Ⅰ)くすのき杯中学校英語暗唱大会
英語基礎能力(発音・イントネーション・正確な記憶)と表現力の向上を目的とする

Ⅱ)くすのき杯高等学校英語弁論大会
自らの主張、考えをまとまった英語による文章にする技術を磨くことを学び、表現することの楽しさ や達成感を体験し、英語力および学習意欲向上の一助とする。

⦅2⦆主催・学校法人樟蔭学園 樟蔭中学校・高等学校

⦅3⦆日時
令和元(2019)年11月9日(土)

13:30 開場
14:00~15:00(暗唱の部)
休憩(10分)
15:10~16:10 (弁論)
休憩(10分)
16:20~16:30(受賞者発表、講評、表彰式)

⦅4⦆会場
千種館1階ICTルームA・B

⦅5⦆対象および募集人数
Ⅰ) 暗唱の部 中学1年生~中学3年生(すべてのコース)から10名程度
⦅暗唱の部は9月19日16時現在、定員の10名に達しましたので締め切りといたします。⦆

Ⅱ)弁論の部  中学1年生~高校3年生(すべてのコース)から10名程度
⦅弁論の部は9月6日16時30分現在、定員の10名に達しましたので締め切りといたします⦆

⦅6⦆発表について
Ⅰ)暗唱の部
(課題文)
THE ECHO
➠上のTHE ECHOの文字をクリックすると、A4原稿とCRAIG先生の音読のQRコードへリンクします。

A wise young mother lived with her son high in the mountains. Her husband had died, so she was raising her son by herself. They lived alone on a farm which looked out on a deep valley.

They worked hard every day, grew their own vegetables, and got milk from their cows. The mother had the boy do many chores on the farm. Sometimes he didn’t want to, but his mother never let him be lazy.

One day, however, the boy disobeyed his mother. She had told him to milk the cows, but he ran to the edge of the valley. He said to himself, “Work, work, work! Always work. She never lets me have any fun.” Then he shouted in a loud angry voice, “I hate you!”

Suddenly, he heard a voice shout back – “I hate you! I hate you!”

The boy was frightened and ran back home. “Mother!” he cried. “Someone down in the valley shouted, ‘I hate you’. Don’t let him find me.”

The mother led him back out to the edge of the valley again. She said to him, “Now shout ‘I love you’ as loud as possible.” He did this, and then he heard the echo call back – “I love you! I love you!”

The mother said to the boy, “That, my son, is an echo. That echo teaches us a law of life – you always receive the same thing that you give. If you give hate, you will receive hate. If you give love, you will receive love.”

(Adapted from a passage by Robert M. Flynn, Progress in English 21)

 

Ⅱ)弁論の部(論題)

ⅰ)自由(未発表のオリジナル原稿によるprepared speech)、写真等パワーポイント使用可
(応募段階では申込書のタイトル欄には「未定」も可)
ⅱ)制限時間 4分30秒~5分30秒

⦅7⦆審査のめやす  ※暗唱の部はⅢを除きます。
Ⅰ) 正確さ(CORRECTNESS)
ⅰ) 発音はクリアで正しいか(Clear and Correct Pronunciation)
ⅱ) イントネーションは自然か(Natural Intonation)
ⅲ) 記憶は正しいか(Completeness of Memory)
Ⅱ)表現(DELIVERY)
ⅰ) ジェスチャーや感情表現は適切か(Appropriate, Expressive Emotion and Gestures)
ⅱ) 十分な声量か(Loud and Clear Voice)
ⅲ) 聴衆をしっかり見ているか(Eye Contact with Audience)
ⅳ) スムースに話せているか(Smoothness of Speaking)
Ⅲ)内容(CONTENT)
ⅰ) 表現は適切か(Correct Expression)
ⅱ) 話の展開・構成は適切か(Structure)
ⅲ) 創造性はあるか(Creativity)
ⅳ) 興味を引き、分かり易い内容か(Interest and Understandability)
Ⅳ)制限時間(TIME)
ⅰ) 時間内に収まったか(Within the prescribed time)

⦅8⦆表彰(暗唱の部、弁論の部とも)

1位 理事長賞(賞状、トロフィー、図書券 [五千円])
2位 学校長賞(賞状、トロフィー、図書券 [三千円])
3位 英語科賞(賞状、トロフィー、図書券 [千円])
※全員に記念品 として図書券[五百円]

⦅10⦆申し込み締め切り
Ⅰ)令和元年(2019年)年9月20日(金)午後1時
Ⅱ)暗唱の部、弁論の部とも、CRAIG先生(i-Lounge)に提出のこと

※問い合わせは、英語科 小林正樹(副校長室)まで