morebtn_bgfblinetwscope-invertscopepagetop_arrowblog-latestmorebtnvtickpagenextpageprevpagetophsjhshomecresthshomejhskindamasteruniv
新体操部

この度、5月4日~6日に中国・成都市体育学院で開催された第1回AGGアジア・パシフイックカップ選手権大会に本校高校チームが参加しました。6か国(オーストラリア、香港、マレーシア、カザフスタン、日本、中国)の15チーム200名の選手が集い、競技が行われました。

 

 

身体表現コース発表会を終えた翌日4日に中国に入り、5日には公式練習と予選競技が行われました。外国遠征が初めてで、緊張感から、日本と空気が違うのではと思うほど呼吸の苦しい者もいたようですが、若く逞しい高校生は順応性が高く、6日の決勝では予選とは違い、見違えるような迫力のある演技を披露し、中国の皆さんから拍手喝采を受け、優勝することができました。

 

 

 

 

今回の中国での第1回アジア・パシフイック大会で「樟蔭」の名前を轟かせることができ、選手の頑張りを褒めてあげたいと思います。開会式では高校3年の辻真帆さんが選手代表として、AGG競技ミックスに出場した男子選手と共に英語で立派に宣誓を致しました。これからもアジアを牽引する立場を続けられるよう選手共々邁進したいと思います。己に負けず頑張った選手達は、樟蔭の宝です。日頃のご支援に感謝いたします。

新体操・AGG

監督 芳野 操