morebtn_bgfblinetwscope-invertscopepagetop_arrowblog-latestmorebtnvtickpagenextpageprevpagetophsjhshomecresthshomejhskindamasteruniv
科学部

高校科学部が夏合宿に行ってきました。
行先は長野県野辺山高原。
「星の三選」に選ばれ,国立天文台もある地で
天体観測には最高のロケーションです。

例年はペルセウス座流星群に合わせて日程を組んでいますが
今年度は海外研修の時期とずらし8月上旬に致しました。
初日から快晴ですばらしい夜空でした。

一番最初に目にするのは北斗七星。
このときは地平線近くに輝いていました。

↓北斗七星
20140807_hskaga_0
目を東に転ずると,天の川が天頂を通り
西の空まで続いています。
↓天の川
20140807_hskaga_1

あまりに星が多く写るので開放時間を短くしてみました。
最初の写真はカシオペヤ座付近です。
↓カシオペア座近傍
20140807_hskaga_2

この写真では星座がわかりにくい、という方は
<カシオペヤ座付近の星座
をクリックして,星座名をご覧ください。

アンドロメダ座の足のあたりにある「M31」と記してあるのは
いわゆるアンドロメダ大星雲です。
観測地では望遠鏡で観測しました。
望遠鏡とカメラを接続する部品を持っていないので
紹介できないのが残念です。

この場で紹介しきれなかった活動内容は
文化祭で発表する予定です。