morebtn_bgfblinetwscope-invertscopepagetop_arrowblog-latestmorebtnvtickpagenextpageprevpagetophsjhshomecresthshomejhskindamasteruniv
バレーボール部

こんにちは、樟蔭高校バレーボール部です。

本日7月20日、2019年度大阪高校総合体育第会予選ラウンドが開かれました。
厳しさの増す暑さの中、この大会に向けて高1生から高3生で力を合わせて日々練習を重ねてきました。
高3生にとっては、本日が最後の公式戦です。

残念ながら、結果は惜敗でした。
バレーボールは一人ではできないスポーツです。毎年、学年を越えたメンバーでチームを作り、其のバトンを繋いでいきます。
今年度の高3生は、入学した頃からたった一人でした。同学年のチームメイトがいない状況はあまりにも心細かったと思います。部員が足りず、合同チームを組んだ時代もありました。

それでも彼女はキャプテンとして最後の一年間をしっかりと務め上げてくれました。
彼女がいなければ、今の高2生や高1生がバレーボールをする場所がなくなっていたかもしれません。
私たちにとって、どこに出しても恥ずかしくない、本当に自慢のバレーボール選手です。

お世話になったキャプテンへの記念品贈呈…と思いきや、逆にキャプテンから部員全員へのお手紙。
まさかのサプライズに後輩たちは号泣です。

私たち顧問からも、改めて御礼を伝えなければいけませんね。
本当にありがとう。本当にお疲れ様でした。
素晴らしい先輩と過ごした時間を財産に、また新たなバトンを繋いでいきましょう。

樟蔭には、派手な活躍はなくとも地道にコツコツ頑張る生徒がたくさんいます。
それが、樟蔭生らしさです。

バレーボール部顧問 細野・北森