morebtn_bgfblinetwscope-invertscopepagetop_arrowblog-latestmorebtnvtickpagenextpageprevpagetophsjhshomecresthshomejhskindamasteruniv
特進コース

みなさま、こんにちは。

GWが始まりましたが、いかがお過ごしでしょうか。クラブ活動で忙しい生徒、勉強を頑張っている生徒、一生懸命遊んでいる生徒、いろいろだと思います。

さて今日は平成最後の日です。明日から新しい元号である令和時代の幕開けです。どのような時代になっていくのでしょうか。少し考えてみたいと思います。

これからの時代、AIの技術が進歩していくことは間違いないと思います。これまで人間がしていた仕事もロボットができるようになるでしょう。また、外国人労働者の受け入れも増加していき、多様性が認められる世の中になると思われます。またすぐには解決ができないような困難な問題は日本にも世界にもたくさんあります。これからさらに複雑な時代になっていく中で、どのような社会にしていきたいのか、どのような力が必要なのか一人ひとり考えていく必要があると感じています。みなさんは、学校でどのような力を身に付けたいと思っていますか。学力を伸ばしたい、コミュニケーション能力を磨きたい、礼儀を学びたい、英語を頑張りたい、あまり考えていない、それぞれの思いがあると思います。これからの時代、求められる能力の1つに、クリティカルシンキング(critical thinking)というものがあります。物事や情報を無批判に受け入れるのではなく、多様な角度から検討し、論理的・客観的に理解することで、批判的思考と言われるものです。このクリティカルシンキングを通して、自分の意見を持ち、行動する力を成長させていきたいと思っています。

今年度より、高校1年生には「総合的な探求の時間」という授業があります。単なる調べ学習で終わることなく、自分たちで考え、仮説を立てたり、深く議論したり、解決策を見出したり、知識を得るだけでなく、アウトプットをして、さまざまな能力を身に付けてもらいたいです。

10年後、どのような時代になっているかみなさんも考えてみてくださいね。