morebtn_bgfblinetwscope-invertscopepagetop_arrowblog-latestmorebtnvtickpagenextpageprevpagetophsjhshomecresthshomejhskindamasteruniv
特進コース

みなさん、こんにちは。

 

お盆も終わり、あっという間に2学期の始業式が近づいてきました。

みなさんはどのような夏休みを過ごしたのでしょうか?

例年に比べて短い夏休みですが、充実した時間を過ごしましたか?

「時は金なり」という言葉は聞いたことがあると思います。だれの言葉か知っていますか?

アメリカの有名な政治家であるベンジャミン・フランクリン(アメリカ建国の父)が、

若い社会人に向けたアドバイスの中で使っていた言葉です。時間はお金と同じように大切だから、

時間を無駄にしないように!!という意味で使われることが多いですが、もともとのメッセージの意味は「機会損失をしないように」と、経済的な意味合いが強くありました。

例えば、だらだら怠けたりして無駄に過ごした時間の損失はその時間に浪費したお金だけでなく、その時間に働いていれば得られたお金をも損しているという考え方です。労働(お金)だけでなく、勉強にも通じることがあると思います。よく聞く話ですが、1時間無駄にした!!というときには、時間を無駄にしただけでなく、そのときにやっておけばできたことも当然失っています。自分がごろごろしている間に周りの人が勉強していれば、差ができるのは当たり前です。

ベンジャミン・フランクリンの13の徳目というものがあります。その中に、

勤勉・・・時間を無駄にしないこと、有益な仕事に常に従事すること、必要のないことはすべて切り捨てること

というものがあります。

時代はどんどん変化していきますが、昔から大切にされてきたことは、今後も変わらず大切にしていきたいものです。偉人の言葉を調べて、自らを振り返ってください。けっこう楽しいですよ!

今のみなさんにとって必要なことに、100パーセントの力で毎日を過ごしてください。