morebtn_bgfblinetwscope-invertscopepagetop_arrowblog-latestmorebtnvtickpagenextpageprevpagetophsjhshomecresthshomejhskindamasteruniv
校長ブログ

現在、校長室には三つの大きな優勝旗が並んでいます。これは、8月30日から9月1日の期間で、東京体育館で行われた「2013 Japan Cup(全国高等学校マーチングバンド・バトントワリング・ポンポン選抜大会、全国中学校マーチングバンド・バトントワリング・ポンポン選抜大会)」の優勝旗です。高校バトントワリング部門では惜しくも第二位でしたが、高校ポンポン部門、中学校バトントワリング部門、ジュニアポンポン部門ではいずれも見事に優勝しました。これは早朝から放課後遅くまで、毎日練習を続けてきた努力の結晶、大きく育った技術・能力の発露です。

集団で何かひとつのことを作り上げる時には、当然ながら心を一つにして、支え合うことが必要です。そのためには、得意不得意をはじめ、お互いの違いを認め合い尊重することから始めなければなりません。この大会に参加した生徒たちは大きな勉強をしました。

私はこの半年間、様々なところで感じてきたことですが、本校生には、励まし合いや支え合い、さらには思いやりの気持ちが着実に育っています。これは、日々の学校生活を通して身に付いてきているのでしょうが、自立した女性として成長するために、これからも大切にしていきたいところです。

また、校長室の壁には一枚のポスターが貼られています。これは、大阪私立中学校高等学校芸術文化連盟が主催する第27回大阪私立中学校高等学校芸術文化祭典(平成25年10月5日(土) NHK大阪ホール)のポスターですが、このデザインに本校高校3年の生徒の原画が採用されました。大阪府内の全公立中学校や大阪府の公的機関など、広く掲示・配布されています。この生徒には、開会式で表彰状が贈呈される予定です。この生徒もこれまで美術の制作活動に、コツコツと打ち込んできました。

生徒は多くの能力と可能性を持っています。それぞれの興味・関心や適性を踏まえ、夢の実現に向かって大きく成長していくのがこの時期です。日々の小さな努力が、やがて大きな力となることを信じて、前進して欲しいと思います。