morebtn_bgfblinetwscope-invertscopepagetop_arrowblog-latestmorebtnvtickpagenextpageprevpagetophsjhshomecresthshomejhskindamasteruniv
校長ブログ

5月17日午後1時過ぎに、ウガンダ共和国の駐日大使である Betty Grace Akech-Okullo さんが本校にお見えになりました。これは本校が2年前から取り組んでいる「ウガンダプロジェクト」に対するお礼を兼ねてのご訪問です。

「ウガンダプロジェクト」とは、樟蔭中学校・高等学校が国際理解教育を進めている中で、グローバルな視点から中高全体で取り組めるものとして、アフリカの経済的に厳しい状況にある国の子どもたちを応援したいという気持ちから発したもので、次の2つからなります。

①ウガンダの主要農産物であるオーガニックコットンでトートバッグ(樟蔭オリジナルバッグ)を作り、2018年度から中学・高校の新入生の補助カバンとする。
②中学・高校の自治会執行部が、文房具を持って来ることを生徒たちに呼び掛け、集まった文房具をウガンダの子どもたちへの支援とする。

その結果、泉佐野市のオーガニックコットン製品の製造販売をしている(株)スマイリーアースにトートバッグの製造を依頼して、現在、2018年度と2019年度の中高入学生、合わせて706名がこの樟蔭オリジナルバッグを使っています。
また、当時の自治会執行部がポスターを作り校内に掲示をしたことや、集会でも生徒たちに呼び掛けを行った結果、机の中に眠っている未使用の文房具13kgを集めることができました。それを在ウガンダ日本大使館へ送り、担当者の方にウガンダの子どもたちへの寄贈を依頼しました。これが「ウガンダプロジェクト」の概要です。

その後、2018年5月21日に、前日に行われた「セイコーゴールデングランプリ陸上2018大阪」に出場したウガンダ代表の女子選手メルシリン・チェランガトさんがお礼を兼ねて来校されました。以前の世界陸上のメダリストですが、物静かな表情の中にも本物のオーラを交歓した生徒たちも感じているようでした。彼女へのこれからの応援を約束していました。
2018年8月23日、送った文房具がウガンダ北部グル県オビヤ小学校で建設中であった女子寮の引き渡し式の中で、在日本大使館の担当者からシスター・ロゼッタ校長に手渡されました。その後、オビヤ小学校の生徒たちがその文房具を手に持っている写真が送られてきました。
そして今回、ウガンダ大使が本校へお見えになったということです。当日は、まず2人の中学2年生が96名の中学1年生に「ウガンダプロジェクト」の説明を、生徒自作のパワーポイントを使って行いました。大変立派にできました。その後に、ウガンダ大使がウガンダの紹介を丁寧にしてくださいました。

このような国際交流の中で、生徒たちは様々なことを学んでいきます。知識として勉強するだけではなく実際に体験することで、さらに新しい発見やこれからの広がりが期待できます。樟蔭中高の教育の柱の一つとして、グローバル教育をこれからも積極的に進めていきたいと思っています。

校 長  楠野 宣孝

【English version】”An Honored Guest from Uganda”

Around one o’clock in the afternoon on May 17, Betty Grace Akech-Okullo, Ambassador to Japan of the Republic of Uganda, visited our school so that she could express her gratitude for the “Uganda Project,” which our school has been working on for two years.

Shoin Junior and Senior High School have been promoting global education, and the “Uganda Project” is aiming at supporting children in countries in Africa suffering from economic difficulties. This project consists of the following two parts.

1. We have made a tote bag (a Shoin original bag) using organic cotton, which is the main agricultural product of Uganda, and students have been using it as a secondary school bag since February 2018.
2. The student council members at that time called on the students to collect surplus stationery, and then send the donated stationery to the children of Uganda.

As for the cotton tote bags, I asked the Smiley Earth Co., Ltd., which manufactures and sells organic cotton products in Izumisano City, to manufacture an original Shoin tote bag, and in 2018 and 2019, a total of 706 students in Shoin have been using this bag. In addition, we were able to collect 13 kg of unused stationery left in drawers. We sent this to the Embassy of Japan in Uganda, and asked its staff members to pass it into the hands of the children in Uganda. This is the outline of the “Uganda Project”.

Then, on May 21, 2018, the female Ugandan athelete Mersilin Chelangat, who participated in the “Seiko Golden Grand Prix Athletics 2018 Osaka” held the previous day, came to the school and showed her gratitude. As a former world track and field medalist, it seemed that the students saw an aura of mental toughness in her quiet expression. I promised to support her from them on.

The stationery we sent on August 23, 2018 was handed over to the principal of Sister Rosetta by a representative from the embassy in Japan during the delivery ceremony of the new women’s dormitory under construction at Obia Elementary School in northern Gulu, Uganda. After that, we received a picture of the students of Obiya Elementary School holding the stationery.

And this time, as I mentioned earlier, the ambassador of Uganda came to see our school and students. On the day, two second-graders explained the “Uganda Project” to 96 first-graders using a PowerPoint presentation they created by themselves. It was very impressive. After that, the ambassador of Uganda made a brief presentation about Uganda to the students.

In such international exchanges, students have the chance to learn many new things.  not only by studying from textbooks but also by learning from these kinds of actual and practical experiences, new discoveries and growth in our students can be expected. I would like to actively promote global education as one of the pillars of education in Shoin High School.

Principal Nobutaka Kusuno