morebtn_bgfblinetwscope-invertscopepagetop_arrowblog-latestmorebtnvtickpagenextpageprevpagetophsjhshomecresthshomejhskindamasteruniv
樟蔭レポート

こんにちわ。6年一貫コースの副校長 永井利和です。

今日は、6年一貫コースの冬季授業、補講の最終日にあたります。
(前出のJD受験同好会は明日もやります。)

生徒のみなさん、冬季授業や補講よくがんばっていましたね。
年末年始はどうか家の手伝いをしっかりやって、家族への感謝の気持ちを表してくださいね。
そして先生方ご苦労さまでした。

樟蔭中高の6年一貫コースでは夏季、冬季、春期の長期休暇中も授業や補講を実施しています。
主に国数英理社の5科中心の展開です。
授業内容は主に進度を進めていくためです。と言って決してガンガン速い進度で進めているわけではありません。
一人一人が内容をよく理解するためには多くの授業時間を充分とる必要があります。
そのため長期休暇中を利用して授業・補講の時間を増やすようにしています。
中学は午前中のみ、高校は6限まで授業・補講を組んでいます。

また、長期休暇中の授業・補講期間には自習時間も設定しています。
これは習ったことを自らがすぐ復習でき定着を高めることを目的としています。
学期中の通常の時間帯では自習時間を時間内に組むことは出来ません。
ですから宿題も含めた課題をうまくこなすことが出来ない生徒も多くいます。
長期休暇中の授業の合間の「自習時間」はそんな生徒の復習の仕方の訓練にもなっています。

次に休暇中の授業・補講は勉強を継続的にすることに役立っています。
長期休暇中も学習中心の規則正しい生活を送ることができます。
継続は力なりです。
冬休みになり普段と変わらず登校し、みんなと一緒に勉強する。
勉強を一人ではするのは高いハードルですが、仲間と一緒なら乗り切れます。

毎日のコツコツの努力が将来大人になったとき,きっと花を咲かせることでしょう。

2012122713020000.jpg
下校途中の中学生。  家に帰ってしっかりお手伝いしてくださいね。