morebtn_bgfblinetwscope-invertscopepagetop_arrowblog-latestmorebtnvtickpagenextpageprevpagetophsjhshomecresthshomejhskindamasteruniv
樟蔭レポート

3日前に、このコーナーで清川広報室長が「桜だより」を報告していました。

その続編として、「桜だより【2】」を報告します。

3日前にはまだ、咲き揃っていなかった桜も、いよいよ満開になりました。

 

校内で一番大きな桜は、樟古館前の桜です。

この2~3日の暖かさで一気に満開になりました。

この桜も、校舎の建て替えでなくなるかもしれないので、これが最後の景色かと思います。

 

校舎のすぐ前の桜です。窓から間近に見える様子も、また迫力です。

休憩室の窓からもすぐ近くに見えます。

窓を開けると、手が届くところに桜の花があります。

 

1枚1枚身近で見てもきれいな色です。

 

 

そして、最後に紹介する、“もう一つの桜”です。

樟蔭中学の桜組の生徒たちです。

中学、1年桜組の生徒たちです。

来年度の東京での研修旅行では、ディズニーランドでの舞台に挑戦しようとしています。

そのときの衣装を着て、ポスターの撮影をしました。

 

そして、1年先輩の1期生、2年桜組の生徒たちです。

去年の東京研修でディズニーランドの舞台を観てきました。

 

AVEXのスタジオを訪問し、レッスンを受けてきました。

 

桜組は、一昨年からスタートした、中学の「身体表現コース」のクラス名です。

このコースには、ダンス・バトントワリング・新体操・ソフトテニスの競技のクラブに所属している生徒たちがいます。

(来年度からは、体操・スキー・バスケットボールが加わりました)

生徒たちは、花でいうとまだまだ蕾です。

これから満開になる日を夢見て、毎日クラブと・・勉強と頑張っています。

 

樟古館前の桜の木の下で、桜の花びらを集めてはしゃぐ桜組の生徒。

 

この樟蔭レポートも、平成24年度はこれで終了ですが、すぐに平成25年度もスタートします。

レポーターのメンバーも新しくなりますので、これからも宜しくお付き合いくださいませ。

高校教頭 近藤眞太郎でした。