morebtn_bgfblinetwscope-invertscopepagetop_arrowblog-latestmorebtnvtickpagenextpageprevpagetophsjhshomecresthshomejhskindamasteruniv
樟蔭レポート

去る、6月3日から22日は、教育実習期間でした。

教員を目指す卒業生11人が、大学の教職課程の総仕上げとして、母校の教壇に立ったのです。

 

20130625_0

英語の実習生。プリントを作成して、わかりやすく工夫しています。

 

20130625_1

音楽の道に進んだ実習生。卒業生として、校歌の指導にも熱が入ります。

 

 

そんな実習生の中には、卒業後、「本物」の先生として帰ってきてくれる人も!

樟蔭には、本校を卒業した教員がたくさんいます。

樟蔭の校風を知りつくし、その良さを生徒に伝えていく……、

そうしたつながりが、私学ならではの歴史や伝統を作っていくのだと思います。

 

最近も、2年連続で卒業生を教員として迎えました。

 

20130625_2

新任の山田先生。

高校時代、クラスにいた留学生に日本語を教えたことから、「教える」ことに興味が湧いたそうです。

 

20130625_3

2年目の田中先生。

やはり高校時代から、教員を志していたそうです。

 

実は今年、お二人とも、実習の時に担当していた学年の授業を再び担当中。

夢を叶えた先輩の姿は、生徒たちにとって大いに刺激になっていることでしょう。

 

先輩である先生方に続いて、それぞれの夢に向かって頑張れ、樟蔭生!!

 

 

6年コース生活指導部長  堀 貴美子