morebtn_bgfblinetwscope-invertscopepagetop_arrowblog-latestmorebtnvtickpagenextpageprevpagetophsjhshomecresthshomejhskindamasteruniv
樟蔭レポート

高校生物科の増田です。

標本シリーズ第3弾です。

今回は,標本とは言えないかもしれないけれど,ちょっと変わった珍しい収蔵品をご紹介します。

 

まずは,ガラス製のスライドフィルムです。

20140624_0 20140624_1

今時の子らはデジタルカメラしか知らなくて,フィルムって何?って感じでしょうが,

年配の方でも,これはご存知の方は少ないのではないでしょうか。

しかも,カラー写真まであります。

20140624_2 20140624_3

こんな頃に,カラーで撮影できるはずはなく,これは手で彩色したもののようです。

驚異の技術です。

 

次は,カメオです。

20140624_4 20140624_5

カメオ自体は珍しいものでもないですが,貝殻の原型を残したままのものは,ちょっと珍しいと思います。

特に,下のビーナス像は20センチ以上もある大きなものです。

貝殻でできたスプーンとフォークなんてのもあります。

20140624_6

 

最後に,極めつけは…

20140624_7 20140624_8

何と,河童の幼生です。

といっても本物であるわけではなく,ウシガエルを使って作った偽物です。

私が本校に奉職した当時に教頭をされていた,生物の野里先生が作ったもので,

ある日,いいもの見せてあげると言って見せてくださいました。

遊び心満載の,ユーモアあふれる作品だと思います。

 

生物科の収蔵品には,このような変わったものも沢山あるのです。