morebtn_bgfblinetwscope-invertscopepagetop_arrowblog-latestmorebtnvtickpagenextpageprevpagetophsjhshomecresthshomejhskindamasteruniv
樟蔭レポート

昨日9月17日、高校では体育祭が、中学校では全レク(全校レクリエーション大会)が行われました。中学校は、近年、学年縦割りクラス別から、紅白戦になり少々盛り上がりには欠けますが、今年は、紅・青に分かれ、新たに応援合戦も加わり元気一杯行われました。面白いネーミングの「大総力祭」は、1年生から3年生までの(徒競争リレー)33走者の競争で学年入り混じって応援に熱が入り大変盛り上がりました。

わが2年生は、台風の目・ムカデ競走・RUNRUNロープ・障害物競走と古典的種目ではありますが、団体・個人が力を充分に生かし、力を出し切って時折「笑い」を交えてくれ、見る方も楽しめました。紅・青の決勝は、最後の3年生のイナバウアーゲットまで縺れ合う展開で、接戦でしたが、最終、紅980点・青1020点で青組が勝ち、終了しました。

最後は、クラス対抗樟蔭リレーです。スウェーデンリレー方式で、運動場半周・1周・1周半・2周とどんどん苦しくなるリレーですが、クラスきっての選手たちで構成され、見応えがあります。どのクラスもアンカーがゴールするとクラスの仲間が駆け寄り、1位は1位で涙する、負けると負けるで涙する姿に、子供らしさと仲間と気持ちを共有する素直な行動に思わず笑みがこぼれます。今年は、歴代2位の記録も出ました。大きなケがもなく終わり、さあ、次は文化祭!しっかり取り組んで全レクに負けない仲間と協力しあった良い作品をみせてくれることでしょう。                                        中学2年担任 辻井啓子