morebtn_bgfblinetwscope-invertscopepagetop_arrowblog-latestmorebtnvtickpagenextpageprevpagetophsjhshomecresthshomejhskindamasteruniv
樟蔭レポート

3年コース進路指導部の東口です。

 

先週の体育祭,今週末の文化祭と大きな行事が続きます。

クラスやクラブで一生懸命頑張っている生徒のみなさんの姿は,頼もしく見えます。

 

行事だけでなく,高3生はこの時期,自分自身の「進路の決定」という大きな問題と向き合っています。

9月になって,大阪樟蔭女子大学の内部特別推薦や外部大学・専門学校の指定校推薦で進路を決定しつつある人も多くなりました。とは言っても,まだ「合格」したわけではありません。志望理由書や小論文・面接の準備をしっかりすすめましょう。軽率な行動で「推薦取り消し」などという取りかえしのつかないことにならないよう,気持ちを引き締めてください。

 

資料を見たり,先生や友だちに相談しつつ迷い悩んでいる人,すでにAO入試にチャレンジした人や,今まさに取り組んでいる人もいるでしょう。

秋の公募制推薦入試や,年明けのセンター試験・一般入試に向けて,毎日黙々と机に向かって努力を続けている人もいます。

 

希望する進路もそのための入試形態や時期も,それぞれに違うでしょうが,みなさんの希望がかなうように頑張って下さい。

大切なことは,早く決めることではありませんから

 

最後に注意を2点。

1 先生の指示をしっかりと聞くこと

(進路に関する重要な連絡は,すべて担任や進路担当の先生からお知らせします。「聞いてませんでした」ということのないように)

2 提出物や手続きの〆切を厳守すること

(希望用紙や出願書類の提出,受験料や合格後の諸費用の振込手続きなどはすべて〆切があります。〆切を過ぎると受け付けてもらえません。お金に関することは,保護者の方にも確認しておいて下さい。「うっかりしてました」ということのないように)