morebtn_bgfblinetwscope-invertscopepagetop_arrowblog-latestmorebtnvtickpagenextpageprevpagetophsjhshomecresthshomejhskindamasteruniv
樟蔭レポート

今日は,馬の脚の話をします。さては,競馬好きなんだろう! と,思われる方もいらっしゃるかもしれませんが,そうではありません。ちなみに次の写真は,インターネットで著作権フリーの写真を探しまくって,一番良かったのがこの写真だったからです。皆さんも,著作権のある画像をかってにアップしないようにしましょうね。
20150724_0

話が反れまくりました。いよいよ本題に入ります。後脚を見てください。馬の膝は,人間とは逆に曲がるって思っている方はいらっしゃいませんか? 実は,膝のように見えている部分は,人間で言うとかかとにあたるのです。膝はもっと上,次の写真の矢印の部分です。人間と同じように膝は後ろに,かかとは前に曲がります。
20150724_1

ではなぜ,膝がこんな上にあるのでしょうか? それは,走る速さに関係しています。膝から上が短くて,膝から下が長いほど,速く,大きく動かすことができ,速く走れるようになります。膝から上と下の比率を調べると,その動物がどの程度の速さで走れるか推測できます。写真は,前脚ですが,肘から下がすごく長いですね。
20150724_2

次に,馬には指がありませんね。でも実際は,指が無いのではなくて,1本だけあるのです。それでは,何指が残っているのでしょうか。哺乳類では指の数が減る時には,まず親指が無くなり,あとは小指,人差し指,薬指と,外側から順に無くなっていくという規則性がみられます。ですから,馬にあるのは中指だけです。ただ,骨には他の指の名残があります。
20150724_3

最後に,次の写真の右は馬ですが,左は牛です。牛の脚は2本指ですが,これは何指でしょう。
20150724_4
さっきの話でもうお分かりですね,中指と薬指です。

理科・生物の増田でした。