morebtn_bgfblinetwscope-invertscopepagetop_arrowblog-latestmorebtnvtickpagenextpageprevpagetophsjhshomecresthshomejhskindamasteruniv
樟蔭レポート

7月も終わろうとしていますが、日中は暑い日が続いて、夏本番を迎えています。みなさんいかがお過ごしですか?
ちなみに夏の風物詩と言えば、花火・お祭り・お盆・かき氷・扇風機・・・などなどありますが、皆さんは私が思い浮かぶ夏の風物詩とは何?って思ったことがありますか?
私の場合、毎年この季節になるとアドレナリンが自然に出てくる、夏の風物詩の代表として高校野球について話します。

本校の女子中高生には、大半の人は直接関わることはないですが、高校野球を1度はテレビとかで観戦したことはあると思います。1回も観戦してない方は、1度テレビなどで観戦して見てください。

なぜ高校野球なの?とお思いですが、私事でありますが、かつて京都の某高校の野球部の監督をしたことがあり、その経緯があり、また京都府に住んでいるので、今は京都府高等学校野球連盟に携わって今年で4年目になります。今年の地方大会の傾向は、優勝候補が予選で負けていくという試合が全国各地で続出しました。ちなみに先日京都高野連の仕事をするために、京都の某試合会場の球場に行った時の風景です。

20150729_0

20150729_1

この時の気温は35℃で、グラウンドの気温は40℃以上になるのは、この季節はしょっちゅうです。
ベンチにいても、熱気が伝わってきて扇風機はあるのですが、熱風です・・・。本当に暑いです。
本部席はエアコンがかかっているのですが・・・。ちなみに審判は、グラウンドには主審1名、塁審3名の4名が、試合中のグラウンドに立って審判をしています。ただ、4名ギリギリだと、もし万が一、ボールが当たって審判ができない、熱中症で審判ができないとなると、試合が運営できないですよね?
そのために、各球場の本部には、毎試合2人が予備審判員として待機しており、もう1人は記者の質問や、当該審判員から質問に答えるなどの役目を担う控え審判員がいて、審判部長1名・審判副部長2名は時々ですが、各球場(3球場)のどれかに待機しています。予備審判などあわせて、1試合につき審判は合計7~8名の審判が携わることになります。ちなみに予備審判員とは、先にも説明しましたが、突発事故があった時に緊急出場するのはもちろん、ナイトゲーム(照明が入った時点から)になると、予備審判の2人は、外審(レフト側・ライト側の線審)としてグラウンドに立つことが決まっています。

大阪府の予選は、今日準決勝を行っています。大阪でも優勝候補と言われている学校が敗れて、ここまで残っているとは思わなかったという学校が準決勝を戦っています。ここまで来たら、一番の目標の甲子園を目指して、悔いのないように、最後まで全力で戦ってほしいものです。ちなみに近畿は、大阪以外は代表校が決定しています。代表校は各自で調べてみてください。

皆さんは、高校野球を見たことはある人はご存知かと思いますが、夏の高校野球の予選は、トーナメント方式で1回負けると、負けた地点で高校3年生は引退になります。ベンチメンバー・スタンドにいる控え部員・マネージャー・吹奏楽・自分の学校の生徒・応援団・部員の保護者・友人等、大きな声を出して炎天下の中、頑張って応援しています。
今年は高校野球100周年の年です。数々の歴史とドラマを生んできました。私もかつては高校球児で甲子園を目指していた1人です。その中で、様々な感動も生まれてきました。現役の時と指導者の時と、私も100周年の中のどっかで涙を流してきました。説明しきれない見えない何かが湧き出てくるものがあります。最近100周年という言葉に縁があるのか、本校も2017年に100周年を迎えます。その時も携わることができればと思います。

20150729_2

他のクラブや競技をしている人は、夏に大会が多く、クラブや競技によりますが、この夏の試合が終われば引退になるという3年生が出てくると思います。野球のみならず、他のクラブをしている人、また受験で第1志望校に合格するため、夏休み必死に頑張っている人、この夏にやり遂げたい人、何かを頑張っている人など、勝負するために夏に勝負をかける人、またその準備をする人と多くいます。自分が勝負をかけることができるのは、自分の力だけではないということです。
地道に努力して本番を迎えることができるのは、周りの関わってくれた人たち(先生・保護者・親戚など)がいてこそ、準備ができて本番で勝負することができるのです。そのように本番まで挑めるのは、本当に周りに感謝しなければならないと思います。
皆さんは感謝の気持ち・感謝の心を持っていますか?
この夏休みで1度自分を見つめなおしてみてはどうですか?
そして1度でもいいので、この夏休みに感謝している相手に感謝の気持ちを伝えてみてはどうですか?

夏の風物詩といえば他の競技になりますが、現在、中学のソフトテニス部の顧問として携わっています。先日の大阪府大会で団体戦準優勝・個人戦1ペアが入賞し、見事近畿大会に出場することになりました。おめでとうございます。
これがその時の閉会式(個人戦)及び表彰式の様子です。

20150729_3
近畿大会は8月10日・11日に奈良の明日香庭球場の方で開催されます。観戦されたい方は、近鉄橿原神宮前駅から、タクシーをご利用ください。近畿大会の前に、私学大会が8月6日・7日と舞洲で開催されます。先日は、多くの人たちが、遠く暑い中観戦に来ていただきありがとうございました。
暑い日が続いていますが、引き続き応援のほど宜しくお願いします。

夏真っ最中ですが、夏の風物詩には、それぞれ自分自身思い入れのあるもの、意味があるものなどありますが、暑い中でありますが、長い休みを利用して、なにか1つ夏の風物詩を見つけてはいかがですか?
決して無駄にはなりませんし、自分の1つの財産として生まれるでしょう。

最後に猛暑が続いていますが、くれぐれにも熱中症にはご注意を・・・。

高校 国語科 濱本