morebtn_bgfblinetwscope-invertscopepagetop_arrowblog-latestmorebtnvtickpagenextpageprevpagetophsjhshomecresthshomejhskindamasteruniv
樟蔭レポート

みなさん、こんにちは。

今回は、留学生のサラと留学についての話を書きます。

樟蔭では毎年留学生を受け入れています。2年前はハンガリーから、昨年はマレーシアから来た留学生でした。

今年度はアイスランドから来た留学生で、とても一生懸命勉強しています。日本語や日本文化に興味があり、

少しずつではありますが、日本語も上手になっています。樟蔭でいろいろな思い出を作ってほしいと思います。

樟蔭でも留学に興味がある生徒、留学した生徒、これから留学する生徒、いろいろな生徒がいます。留学に行くことによって得られるものは何があるのでしょうか。留学期間にももちろんよりますが、その現地の言葉を獲得したり、生の文化に触れたり、いろいろな人たちと交流ができたり、価値観が変わったり、性格がかわったり、いろいろと得られるものがあります。人生が大きくかわるきっかけになる可能性があります。留学から戻ってきた生徒はひとまわりもふたまわりも大きくなって帰ってきます。留学に限らず、外国人と触れ合ったり、海外旅行したり、なんでもいいので日本の外にも目を向けてもらいたいなと日々思っています。

私にとってもオーストラリアに行った経験というのは、今でもとても貴重なものとなっています。ホームシックになる経験、言葉が通じない経験、異文化を目の当たりにする経験、楽しいことやつらいこと、いろいろな思いをするのが留学です。

サラにも日本での生活を充実してもらい、樟蔭生も積極的に海外に行ってもらい、大きく成長していってもらえるようにサポートしていきたいと思います。

みなさんも、一歩踏み出してみませんか??

1雲担任 国際交流担当 八木 岳彦