morebtn_bgfblinetwscope-invertscopepagetop_arrowblog-latestmorebtnvtickpagenextpageprevpagetophsjhshomecresthshomejhskindamasteruniv
樟蔭レポート

みなさん、こんにちは。

本日は勉強合宿についてです。

先日、3泊4日で高校1年生(国際教養・看護)全員と、高校2・3年生(特進)の希望者が勉強合宿に行きました。

高校1年生は自習する力を身に付けて、今後の高校生活に生かすための合宿でした。眠気と戦いながら頑張っておりました。


 

 

 

 

 

 

高校2・3年生は受験モードで、特に高校3年生はこの夏休みの過ごし方がとても重要です。

夜遅くまで勉強して、質問にも来るなど、とても頑張っていました。私が受験生だったころを思い出し、懐かしい

気分にもなりました。

受験で志望校に合格することは大切なことではあります。ただし、合格して燃えつき症候群になっても意味がありません。

進学先で何をしたいのか、将来どのような人間になりたいのか、いろいろと悩みながら自分の道を進んでいってもらいたいです。

どのような結果であれ自分が納得して進学すれば、そこで将来に向けて努力を続けることができると思います。

受験生のみなさん、自分のために頑張ってください!!今しかできないこと、今やらなければならないこと、先を考えながら今を大切に!

国際教養コースのブログにもSummer Seminarのことを載せていますので、そちらもご覧ください。

 

高校1年雲組担任(国際教養コース担当)

八木 岳彦