morebtn_bgfblinetwscope-invertscopepagetop_arrowblog-latestmorebtnvtickpagenextpageprevpagetophsjhshomecresthshomejhskindamasteruniv
樟蔭レポート

SSHの活動を見学

奈良高校で行われたスーパーサイエンスハイスクール(SSH)の活動に参加させていただきました。LEGO社のマインドストームEV3の制御をPython で行うというテーマでした。世間ではプログラム教育という言葉が徐々に浸透してきています。本校の女子校という性質とプログラミング教育を以下につなげるか、日々悩んでおります。
講座は大阪工業大学の上田悦子先生、サポートに和歌山大学の中村恭之先生という豪華な特別講座でした。

Python入門は『Google Colaboratory』で

午前中はPython入門ということで、『Google Colaboratory』を用いて、基礎計算プログラムから条件分岐プログラムまでを一気に駆け抜けました。生徒らは流石にSSHの活動に参加しているだけあって、非常にスムーズでした。

VS Codeは秀逸なエディタ

午後からはメインのEV3の登場、生徒らは持参したノートPCとEV3を机に出しやる気満々です。ここで紹介されたのが Visual Studio Code(VS Code)です。LEGO社のホームページでも紹介されていて定番のエディタになっているようです。

今後の授業デザインへの還元

マインドストームEV3はなかなか高価なので、授業用に10台揃えることは至難の技ですが、有志を募っての放課後、ロボットプログラミング教室をできるように数台欲しいと思いました。
授業用には「micro:bitのPython制御」がVS Codeの登場で近道かつ現実的に感じました。女子中高生のプログラミングへの入口をどのようにするのか悩みは非常に大きいです。

ロボットに興味がある樟蔭生は是非とも、川浪を訪ねてください。

情報科:川浪 隆之