morebtn_bgfblinetwscope-invertscopepagetop_arrowblog-latestmorebtnvtickpagenextpageprevpagetophsjhshomecresthshomejhskindamasteruniv
樟蔭レポート

 プロ野球の南海、ヤクルト、阪神、楽天で監督を務めた野村克也さんが11日、84歳で亡くなられました。

私たちの世代は、野村さんの現役の頃の記憶はあまりなく、解説者時代の「野村スコープ」や監督時代の「ID野球」

の印象の方が強く残っています。

(野村スコープ)

 

 また、野村さんと言えば多くの「名言」を残された人でもあります。

 

『言い訳は進歩の敵』

言い訳をする選手は信用できないし、まず大成しない。 ミスしたことを素直に反省し、人の話を聞く耳を持

つことが大切。己を改めない限り、何も好転しないし、同じことを繰り返すことになる。それは進歩の妨げ

にしかならない。

 

 

『人生の最大の敵、それは「鈍感」である』

鈍感というのは一番厄介だ。人間は「思考と感情」という2大要素を持っている。 感じる力を持っている選

手は絶対に伸びる。一流は修正能力に優れ、同じ失敗を繰り返さない。

 

他にも多くの名言があります。

 

   野村さんは、野球選手の前に、まず人としてどうあるべきかという教育をしていたことは有名です。教育評

論家の尾木直樹さんも、野村さんが掲げた理論や理念に言及。「教育の原理と重なる理念や理論が多くてよく

著書を読ませていただきました。」と話をしていました。

 

私も「野村克也 100の言葉」という本を、もう一度読み返してみたいと思います。

 

保健体育科  辻井 孝二