morebtn_bgfblinetwscope-invertscopepagetop_arrowblog-latestmorebtnvtickpagenextpageprevpagetophsjhshomecresthshomejhskindamasteruniv
樟蔭レポート

こんにちは。今年度3年雲組を担当する高津です。

コロナウイルスの影響で休校が延長し、ようやく明日から学年ごとごとに登校日を迎えることとなりました。

皆さんは自粛中、どのように過ごされていたでしょうか? 勉強をしっかりがんばったり、筋トレや自宅でできる運動をしっかり習慣にしたり、趣味に没頭したりと、十人十色な過ごし方をされていると思います。

 

明日はようやく、直に友達に会える……。こんなときだからこそ、少し注意喚起をしておきたいと考えています。

まずひとつは、「皆さんが思っているよりも体力は落ちている」ということです。

ウォーキングやジョギングをしていた人はなんとなく想像がつくかもしれませんが、実はかなり「立つ」「歩く」「自転車を漕ぐ」といった行動をする機会がなくなっています。

ですので、いつもより早めに家を出るなど、時間に余裕を持って休憩を挟みながらでも間に合うような時間設定をしておきましょう。時間ぎりぎりに来ようとして、途中で気分が悪くなって……となると、体も心もつらくなります。

 

ふたつめは、「もう安全だから登校日になったわけではない」ということです。

こう言ってしまうと不安を煽っているように思われるかもしれませんが、事実です。

ニュースや新聞では『緊急事態宣言解除』、『大阪モデル達成』など、明るいニュースが流れていますね。それ自体は非常に喜ばしいことです。

しかし、自衛のためという観点ではまだ安心しきるわけにはいきません。何せ、まだコロナウイルスに対する薬や、いざ罹患したときにどうするべきか、病院の受け入れ態勢は、明確な予防策は……これらさまざまな問題は、指標はあれど解決していないままです。

もちろん、医療従事者の方々や各関係者の方々は上から下まで日々必死に努力を重ねてくれています。それでもまだ、事態が追いついていないのです。

その人たちを少しでも助けるために私たちにできることは、やはり「かからない・うつさない」ことだと思います。

手洗い・うがいの徹底はもちろん、マスクの着用、できる限人と密にならないように気をつけるなど、できることから達成していきましょう。

 

最後に、「熱中症に気をつけましょう」。

最近、春というには気温の高い日が続いていますね。20度後半、体感気温は30を超える県もあったと聞きます。

ひとつめで体力が落ちている、という話をしましたね。その状態で満員電車(普段よりはましかも知れませんが)の中に十分以上いると考えてください。……どうですか?

そしてもうひとつ。ふたつめで話をしたように、予防のことを考えるとマスクはつけておきたいですよね。冬場は顔の保温にも役立ってくれるマスクですが……暑い中につけると、ねぇ?

少なくとも、水筒を用意しておくなど、水分補給はしっかりできるようにしておきましょう。

 

いろいろと口やかましく言ってしまいましたが、それでも皆さんに会えるということはうれしく思います。

登校日に皆さんの元気な姿が見れることを、楽しみにお待ちしております。