morebtn_bgfblinetwscope-invertscopepagetop_arrowblog-latestmorebtnvtickpagenextpageprevpagetophsjhshomecresthshomejhskindamasteruniv
樟蔭レポート

約1か月前の6月7日(日) 新しく水を入れた田にカエルの大合唱、近づいて見るとたくさんのカエルが、そして、その近くに卵を発見。今までオタマジャクシはよく見かけるのに卵は見つけられずにいました。

その卵の一部を学校の廊下において、しばらく変化を見てもらうことにしました。

1日位で孵化してオタマジャクシになり泳ぎ始めました。この期間が短いので卵を見つけることができなかったということがわかりました。

生徒達は「これがみんなカエルになったらどうするの?」と聞いてきます。

カエルになる前に、元の田に戻すことにしています。是非、土曜見学会に来てオタマジャクシを見て下さい。
中学理科担当 角谷