2012第3回English Salonを開催しました。

2012年10月31日(水)
英語教育センター(ELTC)では、学園関係者に外国の歴史・文化を英語で紹介するイベントを年4回行っています。




  10月27日(土)、第3回English Salonを開催しました。ニュージーランド人のネイティブ・スピーカーをお招きし、「ニュージーランドの歴史と文化」をテーマにお話いただきました。今回のEnglish Salonは、学園ホームカミングデー、大学くすのき祭と同時開催で、天候にも非常に恵まれ、卒業生、大学生、高校生、教職員と、バライティーに富んだ方々が多数ご参加くださいました。

ニュージーランドは、大学の短期海外研修や国際英語学科の4ヶ月の語学留学先であり、また、中高海外研修は来年度からニュージーランドで行われます。おそらく、樟蔭生にとって身近に感じる外国のうちのひとつでしょう。


  プレゼンテーションでは、3つの”kiwi”についてお話がありました。

  まず、”Kiwi”はニュージーランド人の別称です。フレンドリーでゆったりしており、打ち解けやすい人が多いそうで、DIY(Do it yourself.)と何でも自分でやってしまう人が多いのも特徴だそうです。

  また、キーウィはニュージーランドの国鳥です。鳥なのですが羽はありません。昔、ニュージーランドには自生の哺乳動物がいなかった為、キーウィは天敵から逃げるために飛ぶ必要がなかったのでしょうと説明してくれました。

  そして、私達にとってお馴染みの果物のキウイです。「英語で果物のキウイは必ず”kiwi fruit”と言いましょう!」と誤解を招かないためのワンポイントアドバイスもありました。

その後、Free Talk Timeでは、ニュージーランドへ渡航する際に、確かめたくなる裏情報などもお話くださり、大いに盛り上がりました。

 
 
 
English Salonは英語で外国事情について学び、新しい友人を作る場です。
まだ、Salonを経験したことのない方はSee you there next time!



次回は2月に第4回English Salonを予定しています。
詳細は決まり次第ELTC NEWSでご案内します。

閉じる