AFS(American Field Service)留学生との国際交流会を行いました!

2012年11月30日(金)

 AFS留学生のメイがフィリピンから来日、2学期から樟蔭高校で授業を受けています。ELTCでは、大阪樟蔭女子大学英米文学科の英語教員を目指す学生から日本語の「読み・書き」を学び、日常会話については、学生ボランティアのアドバイスを受けながら、日本語で自然な会話ができるよう練習しています。また、フリー・トーク・タイム(英会話)では、毎週木曜日を“Mae’s Day”として、樟蔭中高生の英会話のサポートもしてくれています。






 11月24日(土)、メイを含むAFS大阪東支部の留学生たちがELTCに集まり、樟蔭生との交流会を行いました。
 参加したのはオーストラリア人のコリン、タイ人のグリル、樟蔭の留学生メイ、そして樟蔭生18名です。



 歓迎会では、生徒会代表の挨拶の後、留学生が自己紹介と自分の国や文化について英語で話してくれました。樟蔭生は皆、あまり馴染みのない国の話もあり、とても興味深く聞いていました。また、留学生を歓迎するため、樟蔭生全員による校歌の合唱、中学ダンス部有志による創作ダンス、高校2年生児童教育コースの有志によるパフォーマンスが行われました。 



 セレモニーが終わると、それぞれが自由にフリー・トークを楽しみました。英語、日本語混じりの会話でビンゴをしたり、ダンスをして盛り上がりました。



 土曜の午後のひと時、とても有意義な国際交流会となりました。最後は皆で仲良く写真を撮り合ってお開きとなりました。

メイのコメント
閉じる