英語教育センター(ELTC)でAFS留学生の歓迎会を行いました!

2013年4月15日(月)

英語教育センター(ELTC)では、同年代の留学生と楽しく交流できる場を提供しています。
また、樟蔭高校では、1970年から毎年留学生を受け入れ、国際交流が盛んに行われています。

 4月11日(木)の放課後、ELTCでフランス人AFS留学生、Iwane(イワン)の”Welcome Party”を行いました。Iwaneが在籍する高校2年春組の生徒を中心に、計22名の中高生がパーティーに参加し、英語、日本語、フランス語でニューカマーである留学生を歓迎しました。

 

 彼女のホームタウンは、フランスのアヴィニョンにある小さな村です。日本人は住んでおらず、日本食レストランもありません。日本に来て、ホームステイ先のお宅で初めて食べた「お好み焼き」がお気に入りの日本食だそうです。


 在校生の皆さん、Iwaneは、恥ずかしがりやですが人と会って話すことが好きだそうです。ELTCや高校の校舎で彼女を見かけたら、気軽に声をかけて友達になってあげてください。

Iwaneの留学生活についての詳細は、ELTC NEWS(留学生便り)にて随時お知らせします。

閉じる