11月16日(土)英語教育センター主催ワークショップ「幼児・児童英語教育を考える」を開催します。

2013年10月2日(水)

英語教育センターでは、学園内外の英語教育関係者を対象に毎年講演会や研修会を開催しております。
今年度は、「幼児・児童英語教育を考える」と題し、昨年度より英語教育センターと大学の国際英語学科共催で園児・児童を対象に実施しているKids English教室を、樟蔭幼稚園の園児を対象に本学講師トニー・ミノッティが公開授業を行います。
公開授業後は、日本児童英語教育学会会長・大阪成蹊大学教授 國方 太司先生をお迎えし、「児童英語教育の可能性を考える:現状と課題」というテーマでご講演いただきます。

☆『幼児・児童英語教育を考える』

〇第1部 公開授業・報告

本学園が実施しているKids Englishの教材を使って、樟蔭幼稚園の園児を対象に公開授業を行います。
また、樟蔭高等学校児童教育コースの目標の一つに、「英語が使える小学校・幼稚園教諭の育成」があります。
その目標に向けて本コースの3年生の生徒がどれくらい実践力をつけたか、この公開授業に助手として参加させ、
その成果を発表する機会とします。

「大阪樟蔭女子大学附属幼稚園の公開授業」

授業者: Tony Minotti(トニー・ミノッティ)氏(大阪樟蔭女子大学講師)
指導助手: 樟蔭高等学校児童教育コース3年生2名

「Kids Englishの取り組みについて」

藤澤 良行 氏(大阪樟蔭女子大学教授)


〇第2部 講演

日本児童英語教育学会会長・大阪成蹊大学教授 國方 太司先生をお招きし、「児童英語教育の可能性を考える:現状と課題」というテーマでご講演いただきます。

「児童英語教育の可能性を考える:現状と課題」

演者: 國方 太司 氏(日本児童英語教育学会会長)(大阪成蹊大学教授)
大阪府立岬高等学校教諭、大阪教育大学附属天王寺中・高等学校教諭、奈良工業高等専門学校専任講師、 助教授、大阪成蹊女子短期大助教授、教授をへて、現職に至る。小学校外国語活動の進め方などを主な研究テーマとしている。
著書は、『小学校英語教育の展開:よりよい英語活動への提言』(研究社)『学研英語ノートパーフェクト2 英語でチャレンジ』(学研)がある。

☆開催概要・申込方法など

『幼児・児童英語教育を考える』

第1部: 公開授業「大阪樟蔭女子大学附属幼稚園の公開授業」
報告  「Kids Englishの取り組みについて」
第2部: 講演「児童英語教育の可能性を考える:現状と課題」

日時: 平成25年11月16日(土)
14時~16時(受付開始13時30分~)

場所: 大阪樟蔭女子大学 小阪キャンパス
円形ホール(近鉄奈良線「河内小阪駅」下車、西へ徒歩3分)

対象: 英語教員/幼稚園・小学校教員/大学生/教育関係者、及び一般の英語教育に関心のある方

申込方法: 下記の内容をご記入の上、官製ハガキ、Fax又はE-mailにてお申し込み下さい。
①氏名(ふりがな)、②年齢、③郵便番号・住所、④電話番号 ⑤メールアドレス、⑥勤務先/職業

申込・問合せ先: 「樟蔭学園 英語教育センター主催ワークショップ係」
〒577-8550 大阪府東大阪市菱屋西4-2-26
TEL:06-6723-8219
FAX:06-6723-8263
E-mail: eltc@osaka-shoin.ac.jp

申込締切: 平成25年11月8日(金)

主催: 学校法人樟蔭学園英語教育センター
後援: 大阪府教育委員会、奈良県教育委員会、大阪市教育委員会、東大阪市教育委員会
ワークショップ参加申込票[FAX送信用]
閉じる