2015年度第2回English Salonを開催しました!

2015年7月10日(金)

英語教育センター(ELTC)では、学生・教職員・OGを対象に
外国の歴史・文化を英語で紹介するイベントを年4回行っています。


6月4日(土)、第2回English Salonを開催しました。

今回は、本学AFS留学生Salome(サロメさん)が「スイスについて」というテーマで、

彼女の母国スイスについて話してくれました。サロンには計12名が参加してくださいました。

今回のゲスト・スピーカが樟蔭高校の留学生のため、

学生、教職員、卒業生だけでなく、高校生の参加もありました。

 
サロメのプレゼンテーション

今回のEnglish Salonは、中央ヨーロッパに位置し、
ドイツ、フランス、イタリア、オーストリア、リヒテンシュタインに

囲まれている国、スイスのお話でした。

スイスの面積は北海道の半分ぐらいですが、

地方行政区分がとても複雑で、公用語もドイツ語、フランス語、

イタリア語とロマンシュ語の4か国語です。

スイスはチーズ、チョコレートや時計で有名です。

 

 

スイスのいろいろな情報を参加者に分かりやすく知らせるため、写真やビデオを見せてくださり、とても興味深いお話でした。

参加者はプレゼンテーションの後、サロメさんが作ってくれたスイスのパン、

「ツォップフ(Zopf)」(ドイツ語で「三つ編み」という意味)を食べながら、フリー・トークを楽しむことができました。

パンケーキサロメとフリートーク

次回は10月に第3回English Salonを開催します。詳細は決まり次第ELTC Newsにてご案内します。

 

閉じる