2015年度Special English Salonを開催しました!

2015年10月9日(金)

英語教育センター(ELTC)では、学生・教職員・OGを対象に外国の歴史・文化を英語で紹介するイベントを年4回行っています。


10月3日(土)、特別企画として、Special English Salonを開催しました。今回はリュブリャナ大学教授のMojca Kosmatin Fras氏が「日常生活でのリモートセンシング」というテーマで、彼女の研究分野について話してくれました。サロンには学生・教職員・卒業生の計10名が参加してくださいました。

 

今回のEnglish Salonはリモートセンシングについてのお話でした。リモートセンシング(遠隔測定または遠隔計測)とは、人工衛星や航空機などから地球表面付近を観測する技術です。リモートセンシングには観測装置(写真、レーザープロファイラー、レーダーなど)とそれを運ぶプラットフォーム(飛行機、ヘリコプター、人工衛星など)が必要です。リモートセンシングは土地利用情報、気象情報の把握や土砂災害の把握などに活用されています。

講演1 講演2

 

リモートセンシングについて参加者に分かりやすく説明するため、写真やビデオを見せてくださり、とても興味深いお話でした。参加者はプレゼンテーションの後でお菓子を食べながら、フリー・トークを楽しむことができました。

講演3

次回は10月末に第3回English Salonを開催します。詳細は決まり次第ELTC Newsにてご案内します。

閉じる