morebtn_bgfblinetwscope-invertscopepagetop_arrowblog-latestmorebtnvtickpagenextpageprevpagetophsjhshomecresthshomejhskindamasteruniv

コースとカリキュラム

児童教育コース

多彩な能力を有した 保育士・幼稚園教諭・小学校教諭をめざす

大阪樟蔭女子大学児童教育学科や附属幼稚園との連携で保育実習を多く取り入れ、実践的な乳幼児教育への学びを深めます。


【2・3年次のカリキュラム】


【幼稚園児とのふれあい】


本校に隣接する大阪樟蔭女子大学附属幼稚園において、見学実習を実施します。同幼稚園の行事にも準備段階から参加し、幼児教育ならびに児童教育に携わる者としての職業意識を体験的に育てていきます。



【英語教育】


1年生の夏に、英語が苦手な生徒にも勉強してみようと思えるような研修を企画しています。2・3年生ではネイティブスピーカーの教員による英会話の授業が少人数制で実施されるなど、日常的に使える英語からキッズイングリッシュまで英語を学ぶ機会がたくさんあります。



【OPCプログラム】


大阪樟蔭女子大学の「SHOIN子育てカレッジ」に、3年間を通して参加します。親子参加型のワークショップで講演会や人形劇、絵本の読み聞かせなどを実施。1年次はObservation、2年次はParticipation、3年次はChallengeというOPCプログラムを行います。



【豊富な実習】

児童教育コースの授業である保育学や児童教育特講などで、通常の子の授業内容以外に、保育技術検定の練習もします。一定の時間内に折り紙作品を規定数仕上げる、紙芝居実習、乳児の着替え、絵で童謡の一場面を表現する、など仕事に就いたときすぐ使うことができるような実習を行っています。


保育技術検定の取り組み

「言語表現」「造形表現」「音楽リズム表現」「家庭看護」の4種目を4級から順に受験し、専門的な知識や技術を身につけます。段階を踏みながら上級にチャレンジし、高校3年生ともなると2級にチャレンジする生徒がいるほどです。児童教育コースで過ごす3年間で自信と責任感を養い、幼児教育を支える人材を育成します。

大阪樟蔭女子大学への接続

幼稚園教諭、保育士、小学校教諭のトリプルライセンスの取得!

子どもと同じ目線に立って支援できる教育者を育成。高大7年聞の授業と実習を通して、子どもの発達(考えや行動)を多角的に学び、保育・教育の知識・技術を深めていきます。基礎を幅広く学んだ後、2回生以降は専門のコース(子ども芸術表現、子ども心理教育、臨床保育・福祉、教科教育)を選択。大阪樟蔭女子大学児童学部を卒業時に、幼稚園教諭1種・保育士・小学校教諭1種のトリプルライセンスの取得が可能です。トリプルライセンス取得希望者は100%取得しており、5年連続就職決定率100%の実績を誇ります。

めざせる資格・免許

幼稚園教諭1種
保育士
小学校教諭1種

宮副 このみさん
児童教育コース 高校2年生

 

児童教育コースでは1年生の時から保育技術検定を受け、専門的な技術や知識を身に付けることができます。附属幼稚園での1日実習やイベントへの参加など、教室だけでは学べない実践的な授業もたくさんあります。現場の先生方の姿を近くで見ることができ、園児たちと直接触れ合うことで新たに学ぶことの多さに気づかされます。

瀧川 梨奈さん
大阪樟蔭女子大学 児童教育学部 進学

樟蔭高等学校の児童教育コース3年間の学びは私にとってかけがえのないものとなりました。実際にこどもたちとかかわる実習や行事では教室では学びきれない貴重な体験となり、より一層“教員”になりたいという気持ちが強まりました。実習だけでなく、保育検定に向けた専門的な勉強を一年生次から学ぶことができ、検定の合格は大学進学への準備が出来たと感じています。同時にまた一歩夢へ近づけたという自信になりました。大学進学後はより専門的な学びを深め、より良い教員をめざして頑張りたいと思います。

児童教育コースの日々の活動の様子をブログでご覧いただけます。