« 【芝生の上でお弁当です。】 2011.10.03 | メイン | 【オーバーシード 5日目】 2011.10.13 »

【運動会終了後に冬芝の種をまきました】 2011.10.08

いよいよ今年も冬芝をまく時期がきました。
例年、冬芝は運動会の終了直後に保護者の協力を得て園庭にまいており、
今年も同じです。
冬芝を種をまくことをオーバーシードと言うそうです。
今回の冬芝の種の品種はペレニアルライグラスという品種です。

甲子園のグランドの芝生も夏芝と冬芝を併用しており、この時期、外野のグランドの芝生が
青々としているのは冬芝を敷いているからだそうです。
夏芝のティフトンはこれから寒冷期に入って活動がにぶくなり冬眠期を迎えます。
冬芝の種をまくことで、夏前まで園庭を緑の芝の状態に保てるとともに、
冬眠期に入った夏芝のティフトンを保護します。

去年は冬芝の種をまいたあとに、ブラシで地面を刷り込みましたが、今年は
目砂を入れます。
目砂を入れることで、地面に保湿性が保たれ、発芽率が高くなるそうです。

今日から約2週間は園庭が使えませんが、奈良の関屋キャンパスへの遠足や
生駒登山などの行事がたくさんあります。

種のまき方の説明を聞いています。 種をできるだけ均等にまきます。
6300.jpg 9820.jpg
小さく見えるのが種です。 まいた種の上に目砂をかけます。
6305.jpg 6306.jpg
今年は機械ではなく人力での作業です。 砂がかぶせられました。
6307.jpg 9821.jpg

« 【芝生の上でお弁当です。】 2011.10.03 | メイン | 【オーバーシード 5日目】 2011.10.13 »