morebtn_bgfblinetwscope-invertscopepagetop_arrowblog-latestmorebtnvtickpagenextpageprevpagetophsjhshomecresthshomejhskindamasteruniv
軽音楽部

2014.11.16.

今日は,1,2年生は上宮太子高校さんの校内ライブに参加させていただいてきました。
20141116_hskeion_0
ちょっと調べてみますと,何と1年振り。14カ月もご無沙汰しておりました。どおりでメンバーが誰も行ったことが無いはずです。
多目的教室でのライブですが,こちらは会場のトータルプロデュースとでも言いますか,カスタマイズのセンスが抜群で,今回もいろいろと参考にさせていただくことがたくさんありました。

20141116_hskeion_1 20141116_hskeion_2
1年生バンド1つと2年生バンド1つ。どちらも学年ではそこそこの音を出せる方ですが,ライブ慣れしていないので,パフォーマーとしてはまだまだ不足です。しかし意識を持って臨み緊張のステージをこなすと階段を1つ上がることができるのです。文化祭という区切りを終えて少々中だるみの出る時ですが,こんな時こそじっくりと力をつけるべきなのです。次なる機会に備えていきましょう。
—————————————————————————————————————-
さて,この時期は各所でライブが行われているのですが,3年生チームは武庫荘総合高校さんにお邪魔してきました。
20141116_hskeion_3
こちらはライブ関連の機材保有数は連盟でも随一,しかもバンドパフォーマンスも常に兵庫県Topの実力を維持しておられます。更に部員さんのスタッフ力は半端なく,音響・照明の細部に至るまで特殊な形態の授業で扱っておられる等,何とも羨ましい環境なのです。こちらで2年振りに他校招待のライブをされると聞きつけ,レギュラーバンド引退後に再編成した3年生チームを1つだけ混ぜていただきました。

20141116_hskeion_4 20141116_hskeion_5
一応部内で一番いい音を出せるチームなのですが,いろいろな面で圧倒されてきたようです。
やはり自分の中で完成形を作っていくのも大切ですが,まわりからの刺激というのが一番きくのですね。
これはクラブでも勉強でも同じですが,刺激を受け合えるライバル(同士)の存在は,互いの向上に最上の糧となります。
「今その時にがんばっておくこと」-卒業してからその本当の意味に気付くのですが-

最後まで努力できた人は幸いなのです。