morebtn_bgfblinetwscope-invertscopepagetop_arrowblog-latestmorebtnvtickpagenextpageprevpagetophsjhshomecresthshomejhskindamasteruniv
軽音楽部

2014.12.28.

軽音楽部が毎年挑戦している近畿地区のクラブ対抗バンドコンテスト,“スニーカーエイジ”。その本戦が行われました。ここ何年も,入賞はするものの予選敗退が続いているのですが,やはり次も目指すのであれば見ておかなくては話になりません。今回は,交流校の1つ,常翔啓光学園高校さんの応援団に混ぜてもらいました。

20141228_hskeion_0
一楽器店の主催するコンテストながら,中学高校のクラブ限定で100校を越える参加のある大会は全国的にも珍しく,しかも今回が第35回。つまり35年間の歴史を持つわけで,関西型のバンド文化を牽引してきた一軸であることは間違いないと思います。

20141228_hskeion_1 20141228_hskeion_2
夏に10日間に渡る予選会を行い,そこで選ばれた21校が年末に集うのがこの大会です。実施期間が長い分,弊害も多いのも難点でしたが,今年はとうとう芸文祭と日程が重なっていました。
でも,考えてみますと,どのイベントに出るかを悩めるほど,部の実情に応じた選択肢があるのは実に恵まれた環境とも言えます。
年に一度の文化祭をこなし,年に一度の大会に向けて全力で準備をするだけの画一的なものでなく,部員の増加に合わせて,土台を重ねて高さを上げつつ,裾野も広げていくことが切実なのです。変化に伴い,その目線が“高校のクラブ”から外れてしまっていることに気付かねば,放っておいても廃れていくでしょう。他力本願とならず,各校クラブも努力を忘れずに力を合わせれば,結構な良い活動ができます。

さてさて,今年のクラブ行事はこれにて終了。次は新年5日より再開します。
昨年に引き続き,奈良県の軽音楽連盟の大会にゲスト参加させていただく予定です。

一年間お疲れ様でした。