morebtn_bgfblinetwscope-invertscopepagetop_arrowblog-latestmorebtnvtickpagenextpageprevpagetophsjhshomecresthshomejhskindamasteruniv
軽音楽部

2015.03.29.

今年度の最終行事がこれ,芸文祭でもお世話になった藤井寺市とCATの全面サポートを受けて行うイベントです。
場所は藤井寺市市民総合会館大ホール,通称パープルホール。キャパが1600で,出演者も客席から見学できる余裕があるのが大きな利点です。

20150329keion-1

 

今日は,軽音連の後期イベントを集約した形態になっており,1月の新春ライブ,冬NESSOといったところから推薦を受けたバンドと,この3月に行ったばかりのスプリングフェスティバルからの代表バンドの共演となりました。

20150329keion-2  20150329keion-3
ちょうど現在の関西のバンドレベルがよく分かるステージであったと思います。小編成も大編成も,オリジナルもコピーカバーも,ジャンルも様々。何故か全国的にはまだこのフェスティバルという観点は浸透していないのですが,これは我々の四半世紀の歴史の上にあるものなのかも知れません。

さて,今年度試しに書き綴ってみた活動報告ですが,振り返ってみますと,軽音楽部関連だけで56ものレポートがありました。本部の例年の年間ライブ数は40回程度ですから,実はこの活動量は部史上最多でして,平均週一回以上にもなってしまいます。もちろん練習は毎日あり,発表はその地道な積み重ねの上にある訳ですから,日々の努力無しには有り得ぬことですが,今年度はちょっとがんばり過ぎたのかも知れませんね。

私たちはいわゆる表現系のクラブなので,他に見てもらう聞いてもらうのが成果です。実はここには記されていないものの,樟蔭にはまだ数多くのクラブがあり様々な活動をしています。本分の勉強に加えて,是非クラブで高校生活に彩りを添えてもらいたいと願っています。一年間ご愛読頂いた皆さま,ありがとうございました。