morebtn_bgfblinetwscope-invertscopepagetop_arrowblog-latestmorebtnvtickpagenextpageprevpagetophsjhshomecresthshomejhskindamasteruniv
バスケットボール部

新型コロナウイルスの影響で部活動が制限され、対外試合も自粛していましたが、7月12日(日)、約5か月ぶりに他校と交流戦を行いました。

しかも、3年生が引退してしまい、新チームで初めての対外試合でした。

場所は丸善インテックアリーナ(大阪市中央体育館)で、素晴らしい会場ということもあり、久しぶりの練習試合に部員たちもテンションが上がりました。

コロナ対策として、コート外のベンチメンバーはマスクを着用し、審判の先生も電子ホイッスルを使用。また、各所に消毒用のアルコールを用意していただきました。

午前と午後にわたり5試合のハーフゲームを行い、結果は5分5分でしたが、良い経験になりました。

コロナに負けず、これからも活動を続け、9月のウィンターカップ予選では良い結果をご報告できるよう頑張ります。

皆様の応援をよろしくお願いします。