morebtn_bgfblinetwscope-invertscopepagetop_arrowblog-latestmorebtnvtickpagenextpageprevpagetophsjhshomecresthshomejhskindamasteruniv
写真部

石舞台古墳での写真部撮影

昨年末の12月28日(水)に写真部のメンバーで明日香村へ撮影会に行ってきました。橿原神宮前駅から「赤かめ」と呼ばれる周遊バスに乗り,いくつかの場所を乗り降りしながら撮影をしました。かなり寒い日でしたが,部員たちはめげずに多くの写真を撮っていました。

初めの写真は石舞台古墳です。橿原神宮前駅からバスで20分くらいのところにあります。近くには稲渕棚田地区がある田園風景の広がる場所です。大きく聳え立つ巨石群,ここは蘇我馬子の墓ともいわれます。かつては土が被せられていたようですが,現在では石室部分が剥き出しになっているような形です。途中で雨に降られたり,晴れ渡ったりとよくわからない天気でしたが,何とか撮影会としてはうまくいきました。

dsc07415_1

次に向かったのは,蘇我入鹿の首塚のある飛鳥寺です。ここは蘇我馬子が建立した巨大な寺院があったはずですが,今ではこじんまりとしたお寺になっています。その飛鳥寺を通り抜けて行くと,蘇我入鹿の首塚があります。ここは部員のリクエストもあり,歴史の勉強も兼ねて立ち寄りました。今では首塚だけがある,ちょっと寂しい場所でした。

dsc07512_1

最後は甘樫丘です。大和三山が一望できる場所です。左手奥には二上山,その少し手前に畝傍山,真ん中やや右手に耳成山,桜の木と被っている右手奥に天香久山が見えています。手前にはかつて藤原京があった部分が見えています。まさに万葉集の世界で,眺望も素晴らしいところでした。部員たちもたくさんいい写真が撮れたと思います。今回のテーマは「冬」でした。同時に歴史を感じることのできた明日香村の撮影会,文化祭の展示とフォトコンテスト出品へ向けてさらに撮影を続けていく予定です。