morebtn_bgfblinetwscope-invertscopepagetop_arrowblog-latestmorebtnvtickpagenextpageprevpagetophsjhshomecresthshomejhskindamasteruniv
写真部

こんにちは。写真・映画部です。

私たち写真・映画部は、今、社会問題となっている海洋ごみのことについて関心を寄せ、活動しています。

18日(日)大阪海さくら主催の淀川ごみ拾いボランティアに参加して来ました。目的は海洋汚染や生態系への悪影響が懸念されているごみの実態を写真におさめることです。

阪神なんば線伝法駅降りてすぐの伝法公園に10時に集合して、淀川へ移動しました。

この日、海の日にちなんでスタッフの方はブルーサンタのTシャツを着ておられます。

「海の日」とは、海の恩恵に感謝する日として定められた祝日です。赤いサンタクロースはクリスマスにプレゼントをくれますが、青いサンタクロースは海の日にごみを拾います。(ブルーサンタHPより)

この場所で簡単な自己紹介をしました。

その後、ごみが集積しやすい場所まで案内してもらいました。

とてもいいお天気。ウィンドサーフィンを楽しんでおられる方も。

さぁ!ごみを拾うぞ~~~!

ブルーサンタ、ごみ拾い中。

ごみの中で目立つのはやはりペットボトルです。ひしゃげた形のペットボトル。どのくらいの時間川をさまよってここに辿り着いたのか・・・。ペットボトルのキャップもいっぱいありました。

こういうプラスティック製品は紫外線にさらされ、川で漂ううちに衝突を繰り返して、破砕されて細かくなっていきます。マイクロプラスティックと呼ばれる微量な粒子になってしまいます。餌と間違えて魚が食べてしまったら、その魚を食べる人間がマイクロプラスティックを食べることになってしまいます。その量は1週間で5グラム、クレジットカード1枚分に相当するとも、1カ月でレゴブロック1個分に相当するとも言われています。驚きです!!

プラスティックはマイクロ化してしまう前に回収しなくっちゃ!!

一生懸命ごみを拾っていると1時間なんてあっという間でした。集めたごみはこんなにたくさん!!

ごみを拾いながら、海のことを語りながら、写真を撮りながら・・・。とても充実した時間を過ごすことができました。

大阪海さくらさん、お世話になりました。ありがとうございました!!

写真・映画部顧問 原田真由美