morebtn_bgfblinetwscope-invertscopepagetop_arrowblog-latestmorebtnvtickpagenextpageprevpagetophsjhshomecresthshomejhskindamasteruniv
ソフトボール部

短い夏休みが終了した頃、高校3年生の引退試合が行われました。
この試合は公式なものではなく「学年全員集まって最後に試合を楽しんでほしい」という思いから
部員が作り上げた高3へのプレゼントです。

コロナ対策もしっかり行い、2チームに分けて紅白戦を楽しみました。
結果は高3率いるチームぴよぴよの勝利!
敗退したチームからは「また同じチームでもう1回リベンジさせてください!」という声も。
とても楽しい時間になったようです。

今年度の高3生は、1年生の時には人数不足で大会に出場することが出来ず、中学生と一緒に校内での練習に取り組みました。
2年生になり、後輩が入部してくれたことで試合に出場することが出来ました。
出場できることへの感謝の気持ちを持つ事の大切さや精一杯取り組む姿を後輩たちに見せてくれました。
最後のシーズンは思いもよらない形となってしまいましたが、持ち前の明るさと前向きさで最後までチームを引っ張ってくれました。

また試合後には、顧問に対して一人ずつが感謝の言葉を伝えてくれました。高3らしさを最後まで感じることができました。
最後には次期主将から感謝の挨拶。そして、仲間たちと記念撮影をして現役生活を終えました。

どんな状況にあっても諦めずに最後までよく頑張りました!
3年間、お疲れ様でした。

これまでチームを応援してくださった保護者の皆様、ありがとうございました。