morebtn_bgfblinetwscope-invertscopepagetop_arrowblog-latestmorebtnvtickpagenextpageprevpagetophsjhshomecresthshomejhskindamasteruniv
児童教育コース

児童教育コース1年春組は、8月6日から2泊3日でイングリッシュキャンプに行ってきました。
場所は、小豆島のあずき王国英語村です。

1日目、バスとフェリーを乗り継ぎ、5時間かけて小豆島のホテルに到着しました。
荷物を部屋に置いてすぐに、ホテルを出発し、英語村へ行きます。

とてもたくさんの英語のゲームを紹介していただき、生徒たちも楽しんでゲームをしていました。
写真はGesture Race(ネイティブの先生からそれぞれ教えてもらった単語をジェスチャーで表現し、チームメイトに当てさせる)というリレー形式のゲームの様子です。
白熱した戦いが繰り広げられていました。

201408301  201408302

1日目の夜はホテルでFree Talkを行いました。
ネイティブの先生方がホテルに来て下さり、英語でおしゃべりをするというものです。
少人数のグループで行うので、1人1人が話す機会はたくさんありました。
生徒たちは最初はとても緊張していたようですが、だんだん和やかな雰囲気になっていきました。ジェスチャーも交えながら、趣味や出身地の話など、会話が弾んでいました。

201408303  201408304

2日目は朝から1日目と同じように、いくつかゲームをしました。
これは、目隠しをした生徒が先生のポーズと同じポーズをとることができるように、チームメイトが英語で指示するというゲームです。早く先生と同じポーズをできた人のいるチームが勝ちです。

201408305

お昼は流しそうめんを頂きました。みんなキャッチするのが上手でした。

201408306

お昼の後、夜に行われるプレゼンテーション(紙芝居、劇、ダンス、ペープサート)の準備をした後、バスで二十四の瞳村へ!
ネイティブの先生方や子どもたちと一緒にお土産を買ったり、アイスを食べたりしました。

201408307

夜はネイティブの先生たちも交えてすき焼きを食べました。
食べながらいろいろな話に花が咲き、先生たちとの距離もぐっと近くなりました。
そしていよいよ英語でプレゼンテーション!それぞれの班が用意してきたものを子どもたちや先生たちの前で披露しました。
みんな楽しそうに聞いてくれていたのを見て、とても充実した発表になったと感じたのではないでしょうか。

プレゼンテーションをがんばった後は花火です!
花火を楽しんで、海ほたるを見て、2日目が終了しました。

201408308

最終日は閉村式をホテルで行いました。
ネイティブの先生方と記念撮影。
名残惜しいお別れでした。

201408309

今回のイングリッシュキャンプでは、多くの英語のゲームを習得することができました。
将来、幼稚園や保育園、小学校の先生になったとき、子どもたちにゲームを使って「英語って楽しい!」と感じる機会をたくさんつくってほしいと思います。