morebtn_bgfblinetwscope-invertscopepagetop_arrowblog-latestmorebtnvtickpagenextpageprevpagetophsjhshomecresthshomejhskindamasteruniv
児童教育コース

みなさん、こんにちは。
今日は「児童教育コースの特別授業」について報告します。

本校では、「児童教育コース」の生徒たちに、平成24年度より「全国高等学校家庭科保育技術検定」を実施しています。
今回は中川千津江先生に講師として6月27日(土)③④時間目に2年生春組(児童教育コース)を対象に「保育学の授業」を実施していただきました。
中川千津江先生
学校法人宣真学園  宣真高等学校・宣真認定こども園
理事・副校長・園長

全国保育系高等学校長会理事
保育技術検定全国専門委員・子育て相談員

DSCN1829
実は中川先生は樟蔭中学校 高等学校 大阪樟蔭女子大学の卒業生で、先輩であると知った生徒たちはビックリ!

まずは、保育士の適性を備えているかチェック。
DSCN1838 DSCN1833

【保育技術検定の概要】
検定種目
音楽・リズム表現技術
造形表現技術
言語表現技術
家庭看護技術

DSCN1835

検定種目の中から、本日は「造形表現技術」の学習をしました。

折り紙でドラえもん作り
DSCN1837 P1030353

さすが!春組の生徒たちは器用です。
DSCN1841

しっかり学んで、将来は先生に!
P1030359
幼稚園と保育園が将来統合!

平成30年より幼稚園(所管は文部科学省)と保育園(所管は厚生労働省)が統合し、「認定こども園」となる。幼保一体化の背景には、待機児童問題がある。認可保育園の入園待ちをしている子供は一時期減ったが、不況の影響で共働きが増え、増加に転じた。より多くの子供を預かれるよう、幼稚園の活用と同時に、多様な事業者の参入を促すためである。
認定こども園になれば、従来の「幼稚園の先生」、「保育園の先生」ではなく、「保育教諭」(幼稚園教諭の免許状と保育士資格を併有する)となる。

児童教育コースの生徒は大阪樟蔭女子大学の児童学部へ進学し、トリプルライセンス(幼稚園教諭の免許状、保育士資格だけでなく、小学校教諭の免許状も)取得し、将来は優秀な先生になってほしい。
高等学校 副校長
相馬 宏臣